東北大学と NEC が次世代スパコン技術の共同研究部門を開設

インターネットコム / 2014年7月1日 15時10分

写真

東北大学と NEC が次世代スパコン技術の共同研究部門を開設

東北大学サイバーサイエンスセンターと NEC は、東北大学サイバーサイエンスセンター内に「高性能計算技術開発(NEC)共同研究部門」を設置し、次世代スーパーコンピュータの技術研究を開始した。高性能シミュレーション技術の応用を促進し、防災/減災/ものづくりなどの分野に還元することを目指す。

同研究部門では、主に次世代スーパーコンピュータに向けた要素技術の研究や、地震や津波などのシミュレーション技術の高度化と応用に関する研究を行う。また、データ解析を通して得られるビッグデータの利活用として、学内外の研究者と連携し、高性能計算を通じた産学連携拠点の形成を目指す。

さらに、東北大学の大学院研究科や国内外の研究機関などと積極的な人材交流を通じて、計算機科学と計算科学の発展を担う人材を育成していくという。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング