IIJ と日本マイクロソフト、Azure 閉域網接続サービスで協業

インターネットコム / 2014年7月11日 19時30分

写真

IIJ と日本マイクロソフト、Azure 閉域網接続サービスで協業

インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは、高付加価値クラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」とパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」を連携させたマルチクラウドサービスで協業する。

協業第1弾として、IIJ は日本初の「ExpressRoute」パートナーとして、Azure への高速閉域網接続サービスを日本国内で開始する。

ExpressRoute は Azure への閉域網接続を提供するサービス。Microsoft は、欧米ではすでに数社のパートナーと協業、サービスを開始している。日本市場でも、顧客ユーザーからの Azure 日本データセンターへの閉域網接続に対する要望に応え、IIJ が10月からサービスの受注活動を開始する。

IIJ は、自社バックボーン設備と Azure データセンターを相互接続したプライベートネットワークを構築、顧客ユーザーに Azure への高速閉域網接続サービス「IIJ クラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」を提供する。

「IIJ クラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」は、IIJ のバックボーン上に顧客専用のプライベートネットワークを構築する「IIJ GIO プライベートバックボーンサービス」を経由し、ExpressRoute を利用できる環境を提供するもの。顧客は、社内ネットワークから同サービスのゲートウェイに専用線や WAN 回線経由で接続することで、Azure リソースに閉域網接続できるようになる。

この方法による Azure への接続では、インターネット公衆回線網を経由しないため、信頼性の高い、セキュリティの強固な高速 Azure サービスが利用できるという。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング