「ネット割」や「マイル」が人気--ビジネスパーソンの“旅のテクニック”調査

インターネットコム / 2014年7月24日 17時40分

写真

「ネット割」や「マイル」が人気--ビジネスパーソンの“旅のテクニック”調査

ネットエイジアはビジネスパーソンの“旅のテクニック”に関する調査を実施し、その結果を公表した。それによると、やってみたい旅のテクニック1位は「ネット割」であることや、約6割の女性はマンガ喫茶やネットカフェでの“宿泊”に抵抗を感じていることなどが明らかとなった。

同調査は30〜59歳のビジネスパーソン1,000名を対象に実施。調査期間は2014年6月19〜23日、調査方法はインターネットによる。

■予算の平均は「6万9,246円」

まず全回答者1,000名に対して今年の夏に旅行に行く予定があるか尋ねたところ、「予定がある」(29.7%)、「予定はないが、行きたいと思っている」(42.6%)と答えた人は合わせて723名で、全体の72.3%を占めた。

旅行に行く、または行きたいと答えた723名に1人あたりの予算を聞くと、「2万円〜3万円未満」(17.4%)が最も多く、次いで「4万円〜5万円未満」(15.2%)、「9万円〜10万円未満」(9.5%)、「10万円〜20万円未満」(7.7%)が続いた。なお、1人あたりの予算の平均額は6万9,246円だった。

 
続いて、どのような旅行になると思うか尋ねたところ、「自分癒しの旅」が48.0%で最多だった。また、「節約旅行」は28.1%、「贅沢旅行」は8.9%となっており、お金をあまりかけない“節約旅行派”の方が多かった。

■やってみたい旅テクニックは「ネット割」

“節約旅行派”の方が多い夏の旅行だが、旅行者はどんな“旅のテクニック”に注目しているのだろうか。全回答者1,000名に、「やってみたいと思う旅テクニック」について聞くと、最も多かったのは「切符・航空券でネット割を利用」で44.9%、次いで「宿のワケありプランを利用」(35.2%)や「航空会社のバーゲン・セールを利用」(28.4%)、「宿の宿泊モニターになる」(25.0%)などが挙げられた。

男女別にみると、「航空会社のバーゲン・セールを利用」(男性25.0%、女性36.2%)、「マイルを貯めて特典航空券(無料航空券)と交換」(男性15.5%、女性23.4%)といった航空券に関する項目で、女性は男性に比べて割合が高くなっている。

 
次に「“パートナー(恋人や配偶者)との旅行ではゴメンだ”と思う旅テクニック」を尋ねたところ、宿泊先に関する項目の割合が高く、「マンガ喫茶、ネットカフェで一夜を過ごす」(49.5%)、「個人宅に宿泊する(カウチサーフィンやエア・ビーアンドビーなどを利用)」(41.7%)、「車中泊する」(38.3%)といった、宿泊用の施設ではない所の宿泊を“ゴメンだ”と思う人が4割弱から5割ほどみられた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング