「NAVER まとめ」サービス開始5周年で、インセンティブは4億円突破、1,500万円以上獲得した人も

インターネットコム / 2014年7月29日 21時10分

写真

「NAVER まとめ」サービス開始5周年で、インセンティブは4億円突破、1500万円以上獲得した人も

7月に5周年を迎えたキュレーションプラットフォーム「NAVER まとめ」に関する実績値が、LINEから公開された。

それによれば、サービス開始以降に作成されたまとめ記事は約150万本に及び、2014年6月期には約23億PV、また、過去最高値となる約6,700万のユニークユーザーを記録したとのこと。最も閲覧されているまとめ記事の累計 PV は2億に迫り、ユーザーによるお気に入り登録が1,000以上のまとめ記事が7,500本を超えているという。

「NAVER まとめ」は、ユーザー自身がネット上のリンクやつぶやき等を自由に組み合わせまとめ記事を作成するもので、記事の作成を促すために、さまざまな制度が採られている。2010年11月からは、「まとめ作成者」の活動を奨励するための「まとめインセンティブプログラム」が採用され、2012年2月からは、特に優秀なまとめ作成者に対しインセンティブを支払う「奨励制度」が開始。これまでのインセンティブ総額は、現時点で4億円を突破。最も多いインセンティブ獲得者は1,500万円以上の報酬を獲得、上位10名の平均額が約570万円、上位100名の平均額が約150万円だという。

また今年の9月には優秀なまとめ作成者を評価する「奨励制度」が刷新される。主な変更点としては、奨励金の原資の拡大、奨励金対象者選定の審査期間短縮、奨励金レート適用のインセンティブ支払いの早期化などだ。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング