今日のエンジンのご機嫌はいかが?―ヤマハ発動機が「バウリンガル」エンジン版アプリ

インターネットコム / 2014年8月7日 15時20分

写真

今日のエンジンのご機嫌はいかが?―ヤマハ発動機が「バウリンガル」エンジン版アプリ

ヤマハ発動機が、スマートフォン向け無料アプリ「Rev Translator」(レヴトランスレータ)の配信を App Store と Google Play から開始している。

Rev Translator は、世界初の「エンジン音」翻訳アプリ。翻訳キャラクタは性格別に6種類、セリフは1億通り以上の組み合わせがあり、エンジン音によって喜怒哀楽が表示される。時間や天気でもセリフが異なるそうだ。

アプリを使い続けるとポイントがたまり、ヤマハ製品をデフォルメしたレアなキャラクタが手に入る特典がついている。

ところで、2002年に米国サイエンスユーモアマガジン『The Annals of Improbable Research』誌が主催する 「イグノーベル賞」平和賞を受賞した、犬とのコミュニケーションツール、「バウリンガル」を覚えているだろうか。

ヤマハ発動機の Rev Translator は、さしづめ「エンジン音」版「バウリンガル」だろう。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング