アイサイトの最新技術を気軽に体験--SUBARU がお台場で試乗イベントを展開

インターネットコム / 2014年8月8日 12時0分

写真

アイサイトの最新技術を気軽に体験--SUBARU がお台場で試乗イベントを展開

SUBARU は、フジテレビジョンが主催する夏休み向けのイベント「お台場新大陸」にブースを出展。主力車種の展示や試乗イベントを8月31日まで展開している。

 
「スバル ワクワクパーク」と名づけられたブースでは、“ドライビングアトラクション”として特設コースでの試乗会を実施。試乗車には6月に発売された「LEVORG(レヴォーグ)」や「BRZ」などの人気車種が揃えられている。SUV 車(FORESTER、XV・XV ハイブリッド)を選ぶと、デコボコ道や30度傾斜したバンクなどが設けられた“SUV コース”を走行することも可能だ。
 
 
 

同ブースのもう1つの目玉が、ステレオカメラを活用した運転支援システム「アイサイト」を紹介する“セイフティコース”。スタッフが運転する車に同乗する同コースでは、障害物を感知すると自動ブレーキが作動する機能「プリクラッシュブレーキ」を体験できる。速度を出して走っていても、障害物の数十センチ手前でぴたりと止まる姿は圧巻だ。
 
 

セイフティコースでアイサイトを体験した子ども連れの女性は、「スピードが速くてドキドキしたが、しっかり止まるので感心した」と話し、「このような安全機能がついていると心強い。今後自動車を買い替える時は SUBARU 車を候補にしたい」と笑顔を見せた。

ちなみに LEVORG に搭載された「アイサイト Ver.3」は、Ver.2 と比べてステレオカメラの認識範囲や精度が向上。また、路上の白線を認識して車線内の走行を維持させる「アクティブレーンキープ」や“誤後進”を制御する「AT 誤後進抑制制御」などの新機能も追加され、安全性がより高められているという。

LEVORG やアイサイトの評判を耳にしても、ディーラーに行って試乗してみるのはハードルが高いもの。レジャー感覚で気軽に参加できる「スバル ワクワクパーク」は、何度も足を運ぶファンも少なくないそうだ。家族や友人とお台場へ遊びに行くついでに、立ち寄ってみてはいかがだろうか。
 

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング