PC が起動不能になる恐れ-- 8月13日公開の Windows Updateに危険な不具合

インターネットコム / 2014年8月18日 16時50分

写真

PC が起動不能になる恐れ-- 8月13日公開の Windows Updateに危険な不具合

米国 Microsoft(MS)は、8月13日に公開した Windows の更新プログラムを適用すると、PC が起動不能になる恐れがあると警告した。もしこの問題に見舞われると、対策として DVD などのインストール メディアを使い、更新の適用前の状態に戻す必要がある。

影響が及ぶ製品は Windows Vista SP2/7 SP1/8/8.1 および、Windows Server 2003 SP2/2008 SP2/2012だ。

問題を引き起こす恐れがあるのは以下の4つの更新プログラム。

・2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
・2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
・2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

「Windows Update」「Microsoft Update」の自動更新サービスでは、これらの配信を中止している。しかしすでにダウンロード、インストールしてしまった場合は、たとえまだ問題が発生していなくても、予防措置としてアンインストールしておくよう、 MS は推奨している。

一方、該当する更新プログラムのインストール後に PC の起動に失敗するようになった場合は、対策として DVD などのインストールメディアを使い、「スタートアップ修復」や「システムの復元」を行う必要がある。これにより、更新プログラムの適用前の状態に戻せる。またシステムのバックアップがある場合は、リストアを行うべきとしている。

もし、インストールメディアを使った復旧方法がうまくいかない場合はセーフモードで Windows を起動し、「コマンドプロンプト」を立ち上げて「system32」フォルダに入った「fntcache.dat」というファイルを削除する、といった方法を紹介している。詳細は MS のセキュリティチームによるブログで確認できる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング