攻めるリコー、アクションカメラにも参入、武骨で剛健なデザイン

インターネットコム / 2014年9月11日 17時10分

写真

攻めるリコー、アクションカメラにも参入、武骨で剛健なデザイン

リコーイメージングは、防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」を10月中旬に発売する。付属の水中プロテクタを装着すると、水深 10m で連続1時間の撮影が可能という防水性能を備えている。オープン価格。

リコーグループは 3D プリント関連事業への参入を表明したばかり。立て続けに新分野へ進出する「攻め」の姿勢が目を引く。同社は過去に頑丈なコンパクトデジタルカメラ「WG-4」を開発した実績を持つが、アクションカメラ WG-M1 は同じシリーズに属する新製品という位置づけ。

WG-4 を踏襲した武骨、剛健なデザインで、IPX8 相当の防水性能と、IPX8 相当の防塵(ぼうじん)性能に加え、高さ 2m からの耐落下衝撃性能、マイナス 10℃ までの耐寒性能を備える。

広角レンズにより、遠近感を強調した迫力のあるフル HD 動画が撮影可能という。また約1,400万画素の撮像素子を生かして高精細な写真を撮影でき、約10コマ/秒の高速連写も可能。ピント合わせと最適な露出設定を自動で行う顔検出 AF&AE 機能もある。内蔵 ストレージは 100MB で、microSDHC メモリーカードも挿入できる。

1.5型約11.5万ドットのモニタを搭載する他、無線 LAN (Wi-Fi)を介してスマートフォンと連携が可能。対応アプリケーションで、離れた場所から撮影中の動画の確認や写真の撮影を行える。Micro HDMI 出力ポートもある。

底面には三脚座があり、各種アクセサリーと組み合わせるとさまざまなスポーツ、アウトドアで使える。本体カラーはブラックとオレンジの2種類。

付属品は充電式リチウムイオンバッテリ、電源アダプタ、USB ケーブル、カラビナストラップ、テープでカメラを対象物に固定できる「粘着マウント」、通常のレンズプロテクタ、そして水中レンズプロテクタ。

なお、本体サイズは約66.5×42.5×89.5mm。バッテリ、メモリーカード、レンズプロテクタ込みの重さは約190g。プロテクタ抜きだと約150g。

インターネットコム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング