米国映画協会など、上映中のウェアラブル端末の使用を禁止

インターネットコム / 2014年11月5日 19時30分

写真

米国映画協会など、上映中のウェアラブル端末の使用を禁止

Google Glass に代表されるようなウェアラブル端末の普及がいよいよ本格化しそうだ。通話機能のあるもの、録音機能のあるものと、いろいろ便利なようだが、簡単に身に着けられるものが便利になると困る業界もある。映画業界などがそうだ。

MPAA(Motion Picture Association of America:米国映画協会)と NATO(National Association of Theatre Owners:劇場所有者協会)は、劇場での作品の違法録画を禁止すべく、映画の上映中は、一切のウェアラブル端末の使用を禁止する発表を行った。

NATO と MPAA は、技術革新は歓迎すべきものであり、スマートフォンとウェアラブルデバイスに関する消費者の強い関心には理解を示しつつも、映画が劇場で違法に録画されないようにするために、映画が上映されている間はいかなる録画装置の利用を禁ずる、という方針を維持するそうだ。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング