スケボー無双するスーパー犬 VS ミラーレス一眼「α」--新型 AF で絶技をとらえた動画が公開

インターネットコム / 2014年11月28日 13時0分

写真

スケボー無双するスーパー犬 VS ミラーレス一眼「α」--新型 AF で絶技をとらえた動画が公開

スケートボードやキックボードを乗りこなし、宙返りを決め、車の上からハイジャンプをこなす。傑出した運動能力を持つ「パルクール犬」を、ミラーレス一眼カメラ「α6000」で追いかける CM 動画を、ソニーが放送開始した。同モデルの新型オートフォーカス(AF)技術を宣伝するためだ。
 

動画に登場するパルクール犬、Jumpy はボーダーコリーとヒーラーのミックスで、年齢は5歳半。米国カリフォルニア州在住の著名トレーナ Omar von Muller 氏による訓練を受けており、海外の CM、テレビ、映画に出演している。

ちなみにパルクール(Parkour、フリーランニング)とは、フランス発祥のスポーツで、周囲の環境を利用した俊敏な体さばきで市街地などを自由に駆け抜ける軽業。

今回の動画では、Jumpy がロサンゼルス市街に登場し、スケートボードやキックボードを自在に使いこなし、高さ 2.6m のアイスクリームバンの上からハイジャンプし、得意のバク転を披露する。

その姿を、α6000 で撮影している。同モデルは新型 AF 技術「4D FOCUS」を採用しており、179点の測距点と、画面のほぼ全域をカバーする AF エリア、0.06秒の焦点速度が特徴だ。加えて被写体の次の動きを予測するアルゴリズムも備えている。この技術を使って、Jumpy のような自由に跳ね回る被写体を撮影しやすくしている。
 

もっともソニーが明かしたところによると、Jumpy は毎回スタッフの予想をはるかに上回る高さで跳躍するため、1テイク目は必ず追い切れない、というカメラマン泣かせの運動能力も見せつけたとか。
 

それでも α6000 の AF 性能により、水しぶきの中、恰好よくひねりジャンプを決めたり、スケートボードで颯爽と駆け抜けたりする姿などを「確実に鮮明に写し出せた」としており、同社は撮影のできばえに満足げ。

なお、ソニーは動画共有サイト「YouTube」に Jumpy のスピンオフムービーも掲載している。こちらは CM 動画よりのんびりした雰囲気だ。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング