KDDI が格安スマホ「UQ mobile」、月980円で 2GB 通信、テザリングを標準搭載

インターネットコム / 2014年12月11日 20時30分

写真

KDDI が格安スマホ「UQ mobile」、月980円で 2GB 通信、テザリングを標準搭載

KDDI グループの格安携帯電話サービス「UQ mobile」が12月18日から始まる。月額980円(税別、以下同じ)で毎月 2GB の高速通信ができ、テザリングや SMS をオプション料金なしで使える。

■低料金に加え、LTE サービスの高品質を武器に

8月に発足した MVNO(仮想移動体通信事業者)子会社 KDDI バリューイネイブラー(KVE)が運営する。

ところで従来の MVNO といえば NTT ドコモから回線を借りて、大手携帯電話キャリアより格安にスマートフォンを使えるサービスを展開するところが多かった。

12月11日に開かれた UQ mobile の発表会では、登壇した KVE の菱岡弘社長が既存サービスとの差異化を図る方針を表明。KDDI の回線を使うことで、料金の安さに加え、ネットワーク品質の高さを武器にユーザーを掴む考えを示した。

特に、800MHz 帯のつながりやすい「プラチナバンド」で LTE サービスを利用できる KDDI の優位性をアピールした。

また UQ mobile というサービス名は、WiMAX サービスを手掛ける UQ コミュニケーションズとの兄弟ブランドであると説明。「UQ コミュニケーションズをまじめな長男とするなら、UQ mobile はやんちゃなことをする次男」(菱岡社長)だという。

■月980円で 2GB のプラン

具体的な料金プランを見ると、下り最大 150 Mbps、上り最大 25Mbps の高速通信を毎月 2GB まで利用できる「データ高速プラン」が月額980円となっている。通信量が上限に達した後は、上り下り最大 200kbps に移行する。

もう1つのプランとして上り下り最大 300kbps で速度制限なく利用できる「データ無制限プラン」がある。こちらはキャンペーンとして2015年12月末までは同 500kbps で利用可能。

いずれも月額700円の追加料金で音声通話が可能になる。通話料金は30秒当たり20円。

またオプション料金なしで利用できる SMS について、国内は1通3円、海外とのやりとりは1通100円(免税)となっている。

有料オプションもいくつかある。例えば月額380円を支払うと故障時に上限5,000円で修理が受けられる「端末補償サービス」。これは盗難、紛失による新規購入時にも1万円の補償が受けられる。

さらに「@uqmobile.jp」を含むメールアドレスが利用できる「メールサービス」(月額200円)や、留守番電話、三者通話、迷惑電話撃退サービスをセットにした「電話基本パック」(月額380円)も利用可能だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング