忘年会の平均予算は「8,202円」--イマドキ女性のお金とワークスタイル

インターネットコム / 2014年12月16日 14時30分

写真

忘年会の平均予算は「8202円」--イマドキ女性のお金とワークスタイル

フルキャストホールディングスは、「イマドキ女性のワークスタイルとお金のやりくりに関する調査」を実施し、その結果を公表した。それによると、忘年会の平均予算が「8,202円」であることや、7割近くの人がクラウドワーキングに関心を持っていることなどが明らかとなった。

同調査は20〜49歳の女性1,000名を対象に実施。調査期間は2014年11月24〜25日、調査方法はインターネットによる。

■忘年会は「8,202円」、お年玉は「1万4,511円」

年末年始は出費が増える時期だが、各イベントの予算はどれくらいなのだろうか。忘年会の予算については、「0円」(48.5%)、「5,000〜10,000円未満」(20.6%)、「10,000〜20,000円未満」(14.1%)、クリスマスプレゼントの予算については、「0円」(34.5%)、「10,000〜20,000円未満」(22.7%)、「5,000〜10,000円未満」(20.8%)が、上位3位を占めた。「0円」の回答者を除いた平均予算は、忘年会が「8,202円」、クリスマスプレゼントが「1万476円」。

お年玉の予算については、「0円」(48.2%)、「10,000〜20,000円未満」(17.8%)、「5,000〜10,000円未満」(10.6%)、初売り・福袋の予算については、「0円」(67.7%)、「10,000〜20,000円未満」(12.1%)、「5,000〜10,000円未満」(7.2%)が上位3位までを占めている。「0円」という回答者を除いた平均予算は、お年玉が「1万5,041円」、初売り・福袋が「1万4,511円」。
 

■7割の人は「お金のやりくりにストレスが溜まる」

続いて、お金のやりくりに関するいくつかのシチュエーションについて尋ねた。71.2%の人が「お金のやりくりのことで、ストレスが溜まることがある」と答えており、精神的な負担になっている様子がうかがえる。お金の問題は、パートナーとの関係にも良くない影響をもたらすようだ。「お金のやりくりのことで、パートナーと喧嘩することがある」人は27.3%、「お金のやりくりのことで、パートナーに冷たくすることがある」人は25.9%だった。
 

では、お金のやりくりに困った際はどのような対応をしているのだろうか。「食費を切り詰める」(61.9%)、「自身やパートナーの小遣いをカットする」(39.1%)といった節約のほかに、「ネットオークションで何かを売りに出す」(17.5%)、「クルマや金融資産などを売却する」(6.9%)など、持ち物を売り出すという回答も見られた。
 

■ネットを活用した仕事に高い注目

昨今はインターネットを活用した様々な仕事の機会があるが、注目をしている女性も多いようだ。「ネットを活用して自宅でも仕事がしたい」と答えた人は78.4%、「ネットを活用して簡単に好条件の仕事を探したい」と答えた人は81.1%だった。昨今話題の「クラウドワーキング」についても69.6%の人が「働いてみたい」と答えており、興味・関心の高さがうかがえる。

一方、「SNS を活用して仕事でのつながりを充実させたい」と答えた人は39.0%に留まった。SNS に仕事を持ち込むことに対しては、抵抗もあるようだ。
 

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング