1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

甘美なる世界をご堪能あれ。渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて「ポーラ美術館コレクション展」が開幕

isuta / 2021年9月17日 21時0分

東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、「ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス」が9月18日(土)に開幕!


ポーラ美術館が所蔵するコレクションの中から、印象派〜エコール・ド・パリの時代にフランスで活躍した、画家28名の絵画が精選された、注目の展覧会です。


名画が一堂に会する、貴重な機会。今度のおやすみは、アートの世界に染まってみませんか?


ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス




9月18日(土)~11月23日(火・祝)の日程で開催される、「ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス」。


本展では、印象派からエコール・ド・パリの時代の絵画に加え、アール・ヌーヴォーとアール・デコの工芸品が展示されています。


テーマとして掲げられているのは、「パリ」「旅」「女性像」の3つ。近代化していくパリ、画家たちが旅先で出会った風景、そして時代を映すファッショナブルな女性を通じ、“甘美なるフランス”を感じられる内容になっていますよ。


名画が一堂に会する貴重な展覧会




本展では、絵画と工芸品、合わせて約90点もの作品が展示されています。中でもフォーカスされているのは、印象派からエコール・ド・パリ(パリ派)の時代です。


全4章に分かれており、時間軸・美術史にそった構成になっているんだとか。





会場に入り、はじめに目にすることになるのは、モネの『睡蓮』。柔らかい雰囲気を持ちながらも、力強いタッチにすっかり引き込まれてしまいそうです…。





ほかにも、マティスの『襟巻の女』やルノワールの『レースの帽子の少女』をはじめとした名画が目白押し。


会場では、声優の下野紘さんがナビゲーターを務める音声ガイド(1台 税込600円)も用意されているため、その情景や背景をより詳しく知ることができますよ。


アートに知見がない方でも、優雅なフランスの雰囲気を感じられるはず。


大邸宅にお邪魔したような、おしゃれな展示にうっとり




展示されている名画が素晴らしいのはもちろん、会場の雰囲気もとても素敵なんです。


なんでも、“大邸宅に飾られている絵画”をイメージしたそうで、そのこだわりは壁の色やデザインにも現れています。





まるで雄大な自然の中にいるかのように錯覚させる、緑に包まれたかと思えば…





かわいらしいお部屋を連想させる、華やかなダマスク柄まで。作品を単体で見るのではなく、まわりの空間も一緒に楽しんでみてくださいね。





そして、今回の展示会で珍しいのが、絵画だけでなく“化粧道具”が展示されているという点。


作品と直接関係しているわけではありませんが、同じ時代に実際に使われていたという、香水瓶やクシなどが多数飾られています。19世紀のものとは思えないほど、繊細で緻密な道具の数々は、見ているだけでうっとりしちゃいそう…。


展示会を盛り上げるコンテンツも盛りだくさん




本展の開催に際し、オリジナルグッズの販売やBunkamura飲食店とのコラボメニューなど、展示をより楽しめるコンテンツが用意されています。


本編を堪能したあとも、ぜひその世界をより深く味わってみてはいかがでしょう。詳細は公式サイトをチェックしてくださいね!


お出かけの際は、感染対策もお忘れなく。


ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス

会期:9月18日(土)~11月23日(火・祝) 9月28日(火)、10月26日(火)は休館

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

夜間開館/毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

※9月中の夜間開館は20:00まで(入館は19:30まで)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急百貨店本店横)

入館料:当日 一般1700円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円(すべて税込)

公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/



※会期中全ての土日祝および11月15日(月)~11月23日(火・祝)は事前に「オンラインによる入場日時予約」が必要となります。詳細はBunkamura ザ・ミュージアム HP にてご確認ください。

※入場日時予約の対象日は変更になる可能性もあります。  





この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング