1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

個性派ホーム画面が完成しそう。 ウィジェットテキストを3D化させられるアプリ「BigFont Widget」

isuta / 2021年10月25日 19時0分

今回は、ウィジェット作成アプリ「BigFont Widget」をご紹介します。


ウィジェット内のテキストに角度をつけることで3D化できるので、カレンダー/To doリストも個性的にアレンジできそう。


シンプルでハイセンスなホーム画面にしたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


ウィジェット文字を傾斜で3D化




アプリを開いたら、「Widget」タブで作成したいウィジェットを選択しましょう。


カレンダー/時計/写真など、様々なテーマのウィジェットが用意されているので、





左上のテーマボタンから項目別表示に切り替えて、気になるものを見つけてみてください。





今回は、日付が表示されるウィジェットを選びました。


3Dの欄で、日付部分に傾斜がつけられます。


〈X〉で前後の傾斜、〈Y〉なら左右の奥行き、〈Z〉では傾きを調整可能。それぞれの傾斜角度は、-25~25度までとなっていますよ。





その他に、フォントや背景画像、文字色なども変更できます。


選んだデザインの反映状況を確認したい時は、右下の「Save Widget」をタップ。これで、上部のサンプル画像が、選択済みの仕様に変更されます。





全てのデザインを自分仕様にできたら、左下の「Select Slot」を押してください。





保存したい番号を選んで、右側の「Save Widget」を選択すればウィジェットが完成。


これで、このアプリの操作は終了です。





次に、ホーム画面へ移動して、画面を長押し。「BigFont Widget」を選び、先ほど保存したウィジェット番号を選択してください。





ちょっぴり文字が傾いた、奥行き感あるウィジェットがホーム画面に追加できましたよ。





背景画像にある項目の「Photos」から、好きな画像をウィジェット背景にすることも可能。


よりオリジナリティを出したいなら、こちらがおすすめです。


ミニマルな印象に仕上がる背景は?




シンプルに仕上げたい人におすすめしたいのが、ホーム画面のスクショを背景画像に選択すること。





これで、文字背景が壁紙と同色となり、まるで透過しているかのような仕上がりになります。


ミニマルなホーム画面作りを目指している人は、ぜひこの方法を試してみて!





今回は、ウィジェットテキストを3D化させられるアプリ「BigFont Widget」を紹介しました。ぜひ、様々なウィジェットスタイルを掛け合わせて、お気に入りのホーム画面を完成させてくださいね。


アプリはこちらから

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング