1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

【ストーリー加工】手軽なのに印象的。Instagramのアプリだけで完成する、おすすめ加工アイデア4選

isuta / 2021年10月26日 21時0分

今回は、「利用するのはInstagramのアプリだけ!」という、お手軽なストーリー加工テクニックをご紹介します。


お出かけ/お気に入りの音楽/秋コーデなど、シーンに合わせたアレンジ方法をぜひチェックしてみてくださいね。


外出先の景色を「グリッド」加工




まず1つ目のアイデアは、お出かけ先の写真をシェアするのにぴったりな、「レイアウト」機能を使ったデザイン。


ストーリー画面にある「レイアウト」のグリッドラインを、横3段に設定してください。





上段からその場で撮影。または、カメラロールから画像を配置してもOKですよ。





この配置で、例えば、訪れた場所の外観/内観/詳細のように、3つの画像をまとめて見せることができるんです。





写真とテキストだけなのに、なんだかセンスいい仕上がりに。


おしゃれスポットに足を運んだら、グリッド撮影を試してみてくださいね。


ちょっとした“違和感”で目立つストーリーに




友達と撮影した何気ない写真も、画像を回転させることで、印象的なものにできますよ。





ストーリー作成画面で写真を開いたら、横向きになるように回転させてください。





肩から上くらいが表示されるよう調整し、テキストなどを追加すれば完成!被写体を横向きに配置するだけで、ちょっと不思議な画像に仕上がります。


このアレンジには、余白が多い写真を使ってみるとよさそう。目にとまるストーリーを作成したい時に、ぜひ試してみてくださいね。


ジェケットもリリックも一緒にシェアしたい




ストーリー加工の中でも根強い人気なのが、ミュージック機能を使った「リリック加工」。好きな楽曲の歌詞やジャケット表示ができて、とっても便利ですよね。


1つ残念なポイントなのが、ジャケット/リリック、どちらかを選択する必要があるところ。





でも実は、どちらかのミュージック機能を追加した画像を、一旦保存することで、





この機能を、重ね使いすることができるんです。


保存した画像をスタンプから追加し、もう1度ミュージック機能をタップするだけでOK。





これで、ジャケットとリリックを同時にストーリーへシェアできます。


画像保存するだけで、簡単に2つの要素を取り入れられるのでおすすめですよ。


発見タブにお気に入り画像を集結!




最後にご紹介するのは、自分の好きな画像で発見タブを埋め尽くせる加工。


まずは、発見タブをスクショしてください。





スタンプ機能で、保存したスクショ画像をストーリーへ表示。





同様にスタンプを使って、お好みの画像をスクエア型にして配置していけばOKです。





画像を配置しない場所には、GIFスタンプなどを追加すれば完成。 


秋コーデや、お気に入りのアイテムをまとめて紹介したい時に、使ってみるといいかも!?


Instagramのアプリだけでも、ちょっとした工夫で幅広い加工が楽しめますよ。


isutaでは、この他にも様々な加工アイデアをご紹介しています。そちらも、ぜひチェックしてみて!


ストーリー加工をチェック!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング