1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

まるで魔法つかいみたい!1アクションで、Safariの“URLコピー”などが可能になるアプリ「Svadilfari」

isuta / 2021年11月18日 21時0分

ウェブ検索に欠かせない、iPhoneのウェブブラウザアプリ『Safari』。


今回は、これをより使いやすくしてくれる、ジェスチャーコントロールアプリ「Svadilfari」をご紹介します。


自分で作ったオリジナルジェスチャーに、〈URLコピー〉や〈前のページに戻る〉などの操作を追加すれば、今までよりもっと素早く簡単にSafariが使いこなせそう!ぜひチェックしてみてください。


 


ジェスチャー1つでSafari操作が可能に




iOS 15へのアップデートにより、Safariを自分好みにカスタマイズできる、「機能拡張」が追加されました。今回のアプリを使いたい方は、まずはiOS 15へのアップデートをお忘れなく。


「Svadilfari」をSafariの機能拡張に追加すると、指定した形を画面上で描くと、〈タブを閉じる〉などの操作がおこなえるようになるんです。





それでは早速「Svadilfari」を開き、ジェスチャーを追加しましょう。〈次へ〉のボタンで画面を進み、〈ジェスチャーを確認する〉を選択。





すでにいくつかのジェスチャーが設定されていますが、各項目をタップすると、ジェスチャーの変更などが可能です。 


今回は右上のプラスボタンより、新しい自分だけのジェスチャーを追加していきますよ。





真っ白の画面が現れたら、登録したいパターンを描きましょう。すぐに自動で整えられたラインが表示されるので、〈このパターンを使う〉を選択。





次に、作成したジェスチャーに紐づけたい動作を選びます。


ここでは、「前のページに戻る」と「URLをコピー」の2つを登録しました。





オリジナルの項目が追加できたら、「Svadilfari」側のアプリ操作は終了。


ちなみに、誤作動を防ぐためにも、必要のないジェスチャー項目は削除しておくのがおすすめですよ。


友達に教えたくなるほど便利かも!?




次にアプリ「設定」を開き、〈Safari〉を選んでください。





機能拡張をタップ。





「Svadilfari」をアクティブにし、〈すべてのWebサイト〉の欄を許可に変更します。これで設定が完了!





早速、Safariのアプリを開き、動作を確認してみます。


ページを戻すボタンは左下にあり、右手だけで操作している場合押しづらかったりしますよね。でも、先ほど追加したジェスチャーを描けば、素早くページを戻せました。





「アドレスバーをタップ/アドレスを選択/コピー」と、3ステップが必要なURLコピーも、1つの動作で完結させることが可能になります。


画面上に指をはしらせるだけで、Safariをあれこれ操作できるなんて、まるで魔法つかいのよう!とっても便利なアプリなので、ぜひお友達にも教えてあげてくださいね。


こちらは、iOS版のみ公開中です。


アプリはこちらから

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください