1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

寒い朝もスッキリ目覚められそう。Apple Musicを使わず、iPhoneのアラーム音を好きな曲に設定する方法

isuta / 2021年11月26日 21時0分

Apple Musicユーザーなら、好きな楽曲をアラーム音に設定することが可能ですよね。


今回は、Apple Musicを使っていない人でも、アラーム音を変更するテクニックがあるのでご紹介します。


気分を上げてくれそうな選曲をすることで、朝が苦手だという人でも心地よく起きられるかも!? ぜひ試してみてくださいね。


アラーム音をお気に入りの曲に変える方法

アラーム音の変更には、音源に加えてアプリの「着信音メーカー」と「Garage Band」の3つが必要となります。


ステップ1. 選曲




まずは、画面録画機能を使い、アラーム音に設定したい音源の一部分を録音します。“アラーム音”でWeb検索すると、無料の音源なども公開されていますよ。


iPhoneのアラーム音は最大30秒までとなっているので、録音時間はそれを超えないよう注意してくださいね。


ステップ2.音源を「着信音メーカー」で編集




録音が完了したら、「着信音メーカー」を開き〈ビデオから着メロの制作〉をタップ。





先ほどの録画画像を選択し、音源の編集をおこないますよ。


デフォルトではメロディーの長さが、最大20秒までになっています。用意した音源がこれを超える場合は、右上の秒数ボタンを押して30秒に変更してください。





次に、右下チェックマークを選択、ファイル名をつけて音源を保存します。今回は「アラーム音」という名前にしました。





ベルマークのタブに保存されたファイル下にある、共有ボタンをタップ。共有先は、「Garage Band」のアイコンを選びましょう。


3.「Garage Band」でアラーム音に変換




ここからは、「Garage Band」での操作となります。


まずは保存されたアラーム音のファイルを長押し。





メニュー画面が出てきたら、〈共有〉をタップしてください。





ここで〈着信音〉を選択。





右上〈書き出し〉ボタンを押せばOKです。


これでお気に入りのメロディーが、アラーム音へと変換されました。


自分らしいアラーム音ですっきり目覚める




それでは早速、変換された音源を使ってアラームを設定してみましょう。


右上プラスマークで新規アラームを作成。





時間を入力し、〈サウンド〉の項目を選びます。ここで、先ほどGarage Bandで保存した「アラーム音」というファイルを選択。


これで、アラーム音の変更が完了しました!


好きな場所からの再生が魅力

Apple Musicからアラーム設定をした場合、楽曲は常に頭出しで再生されてしまうのがややマイナス要素。


そのためサブスク利用している人でも、曲の途中部分をピンポイントで流したい方は、今回のテクニックを使ってみるのがおすすめですよ。


1日の始まりを心地よくスタートできそうな、アラーム音の変更をぜひおこなってみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください