日本の最新技術で世界の発展途上国と協働! DMM.Africa グローバルプロジェクト、始動

ITライフハック / 2016年4月28日 9時0分

写真

株式会社DMM.comは、海外での事業展開を強化していくために2015年9月に立ち上げた「DMM.Africa」の第1弾となるプロジェクト「DMM.Africa グローバルプロジェクト」を2016年4月26日より始動した。

■5年間で100億円ほどの事業展開へ
本プロジェクトは、今後アフリカを始めとする発展途上国にて、DMM.comが運営するインキュベーションセンター「DMM.make AKIBA」で扱っている日本の最新技術を導入し、事業化していくために発足された。

DMM.Africaは、インフラがまだ発展途上であるアフリカ各国に日本の技術を提供することで、生活を豊かにしていくべく、アフリカ各国の政府や現地の企業に対して技術支援を行ったり、アフリカ進出を考えている日本企業の支援をしていくことを考えている。

DMM.Africaは今後の目標として、5億円の予算をかけて海外事業で働ける人材を国籍問わず50名雇用し、タンザニア・ケニア・ルワンダ・ザンビア・ジンバブエ・ガーナを活動拠点とし、5年間で100億円ほどの事業展開をしていくとしている。

アフリカ駐日大使館員の方々

アフリカ駐日大使館員の方々

その活動の一つ目として、2016年4月26日に国際連合工業開発機関(UNIDO)の協力のもと、アフリカ各国の駐日大使館員を対象とした「DMM.make AKIBA」見学会を実施した。
当日は1名の大使を含む合計15カ国、19名のアフリカ駐日大使館員を招き、最新技術を活用した企業の製品や3Dプリンターの技術を利用して製作した製品を紹介した。

アフリカ駐日大使館員の方からは、「DMM.make AKIBAのように個人のスタートアップを支援する施設があることは素晴らしい。DMM.make AKIBAにて取り扱っている技術はアフリカ各国でのさまざまな事業展開の可能性があり、アフリカの未来が広がるかもしれない」とのコメントがあった。

「DMM.make AKIBA」見学会の様子

「DMM.make AKIBA」見学会の様子

■DMM.Africa

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■ITビジネスに関連した記事を読む
・グリーとLINEがゲーム事業においてマーケティングパートナーに
・主催企業スペースマーケット重松社長が語る「2016年スタートアップ合同法要会」
・新しい未来の創造を祈願!「スタートアップ合同法要会2016 supported by SMBC日興証券株式会社」体験レポ
・各国大使も来訪!2016年新経済連盟 新年会レポート
・予測型見守りシステム「ネオスケア」が介護を変える!ノーリツ鋼機グループ代表西本氏が今後の展開を語る

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング