450Wから750Wまで用途に合わせて選択できるコンパクトな電源「CORSAIR CS Series」

ITライフハック / 2014年4月15日 10時0分

写真

CORSAIRより80PLUS GOLD認証を取得したコンパクト電源ユニット「CORSAIR CS Series」の4モデルが登場した。モデル構成は450Wから750Wまで、100W刻みとなっており、容量の大きい順から容量750Wの「CS750M」、容量650Wの「CS650M」、容量550Wの「CS550M」、そして容量450Wの「CS4500M」となる。扱いはリンクスインターナショナルで発売は2014年4月18日より全国のPCパーツ専門店にて発売される。

必要な分だけコネクターを接続できるフラットセミモジュラーケーブル

必要な分だけコネクターを接続できるフラットセミモジュラーケーブル

自動回転数制御に対応した120mm静音ファン

自動回転数制御に対応した120mm静音ファン

共通のポイントとして80PLUS GOLD認証を取得していることが挙げられる。Haswellこと第4世代Intel Coreプロセッサーに搭載されたわずか0.05A(12Vなので0.6W)という省電力C6/C7ステートに対応、ErP Lot 6サポートで待機電力1W以下を実現。必要な分だけコネクターを接続できるフラットセミモジュラーケーブル、自動回転数制御に対応した120mm静音ファンといった特徴を持つ。

■製品概要
製品名:CORSAIR CS Series CS750M
型番:CP-9020078-JP
発売日:2014年4月18日(金)
店頭予想売価:14,270円前後(税抜)

製品名:CORSAIR CS Series CS650M
型番:CP-9020077-JP
発売日:2014年4月18日(金)
店頭予想売価:13,310円前後(税抜)

製品名:CORSAIR CS Series CS550M
型番:CP-9020076-JP
発売日:2014年4月18日(金)
店頭予想売価:11,410円前後(税抜)

製品名:CORSAIR CS Series CS450M
型番:CP-9020075-JP
発売日:2014年4月18日(金)
店頭予想売価:10,460円前後(税抜)

■80PLUS GOLD認証電源製品情報
■リンクスインターナショナル

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
・余った2.5インチストレージを手軽に外付けドライブにできる2.5インチHDDケース
・GIGABYTEよりAM1プラットフォームに対応したmicroATXマザー「GA-AM1M-S2H」
・GIGABYTEよりMaxwell搭載でOC仕様のグラフィックカード「GV-N750OC-2GI」
・玄人志向より最新のHaswellプラットフォームに対応したプラグ式のATX電源3モデル
・玄人志向より、ユーザーの要望を形にしたインターフェイスカード等6製品

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング