超会議限定メニュー紹介その3!誰もが一度は憧れる、あの巨大な「マンガ肉」を食す

ITライフハック / 2014年5月1日 17時0分

写真

超会議限定メニュー制覇企画! ラストは「一度は食べたいマンガ肉」!15:30からの販売だったが、この時にはすでにあちこち取材でヘトヘト、しかし、絶対食べてやろうとプレスルームで販売開始まで写真整理などを行って、その時を待った。

しかし!このメニューを食べずに帰れるかってんだ!

ちょうど両手に収まるくらいの大きさのマンガ肉。本物の骨に牛肉がみっちりと巻き付けられている!

ちょうど両手に収まるくらいの大きさのマンガ肉。本物の骨に牛肉がみっちりと巻き付けられている!

「はじめ人間ギャートルズ」や、ゲーム「上手に焼けました~~」で有名な「モンスターハンター」シリーズで「うまそう、食べてみたい」と思った人も多いだろう。あの「マンガ肉」が現実のものになった。

ずっしりと重さを感じながら、ガブリと噛みついてみる。じゅわっと口の中で広がる濃いめの塩味と肉の食感に、ただただ圧倒されるばかりだ。

通常の肉だけではマンガ肉のあのボリューム満点の形を再現できないため、薄い肉を何重にも巻き付けることであの形を実現しているのだが、筆者にとっては大当たりだった。その満足感は半端ない。しかも、その気になれば家庭で再現できてしまうわけで、そうした手軽さもグッド。会場を動き回って汗となって排出された塩分を存分に補給できた。

無事、すべてのメニューを食べ切れた。予想以上の行列に目を回したが、メニューの完成度はそれを補って余りあるものだったと思う。

無事、すべてのメニューを食べ切れた。予想以上の行列に目を回したが、メニューの完成度はそれを補って余りあるものだったと思う。

今回、実際に列に並んでフードメニューを購入した。すべてのメニューでかなりの行列、順番争いがあった。一度列を作ってしまえばスムーズなものの、運営側が列を作るのに手間取ってしまったり、購入者同士の押し合いへし合う場面が多くみられた。昨年までは2か所に分けられていたのが1か所に集まったのは正解だと思うが、次回のフードコートでは、何らかの対策や購入者間でのコミュニケーションを求めたいところだ。

(記者:今藤祐馬)

■ニコニコ超会議3公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■niconicoに関連した記事を読む
・超会議限定メニュー紹介その2!「伝説のアルパカレー」と「ガチムチホイホイあんかけチャーハン」
・超会議3を振り返る! 宇宙と深海は神秘の世界!ソユーズの帰還カプセルやしんかい6500
・飲食から段ボール屋さんまでコスプレ美女の共演! 超会議3を彩るコンパニオンさんたち第二弾!
・9万、10万そして12万超へ! ニコニコ超会議3の来場者実に約12.5万人を達成!
・米軍×アニソン・ボカロ=マジすげぇっす! サムライ・オブ・ロック生LIVE!

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング