ユニークな球形ボディにCore i5を搭載する小型ベアボーンZOTAC「ZBOX OI520」

ITライフハック / 2014年6月18日 10時0分

写真

アスクは、COMPUTEX TAIPEI 2014に展示され話題を集めた球形ボディを採用するZOTAC製の小型ベアボーン「ZBOX OI520」を発表した。

「ZBOX OI520」は、存在感ある球形デザインを採用する「ZBOX O」シリーズのベアボーンだ。ユーザーによるカスタマイズ可能なベアボーンキットとなり、メインプロセッサーにHaswellコアのIntel Core i5-4200Uを搭載。GPUコアはIntel HD Graphics 4400でHD動画もスムーズに再生できる高いグラフィックスパフォーマンスを持つ。

また、IEEE802.11ac対応のWi-FiやBluetooth 4.0をはじめ、ギガビットイーサネットやUSB3.0ポート、メモリーカードリーダーといった充実したインターフェイスを搭載。映像出力端子にDisplayPortとHDMIを搭載しており、2画面同時出力もサポートする。これをベースに某ガンダムに出てくるペットロボット風のPCを作ろうと思えば作れてしまう。ということで注目している人も多いだろう。

正面から見るとほぼ球状になっている。

正面から見るとほぼ球状になっている。

■製品情報
メーカー:ZOTAC
製品名:ZOTAC ZBOX OI520
型番:ZBOX-OI520-J
発売時期:6月下旬
予想市場価格:6万円台前後

spec001

■ZBOX OI520
■アスク

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■アスクの記事をもっと見る
・Synology製で手のひらサイズなNASサーバ「Embedded DataStation EDS14」
・これから訪れる暑さを乗り切るためにノートPC用の冷却スタンドはいかが?
・OCZ Storage Solutionsよりエンタープライズ向けの2.5インチSSD
・AndroidやiOSでも使えるSynology製の4ベイNASサーバー「DiskStation DS414j」
・MSIよりIntel 9Xシリーズを搭載したマザーボード3製品

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング