切り替え先画面をP in Pで確認 HDMI1.4bで4K解像度びの対応するHDMI切替器

ITライフハック / 2014年7月30日 10時0分

写真

最近HDMI出力を持つ機器が増えてきている。デジカメやムービーカムは言うに及ばずBDレコーダーやBDプレーヤー、そしてゲーム機といった家電系製品でもHDMI出力が可能になった。PC系はほぼ対応しているし、Android端末でもMHL変換経由でHDMI出力が可能な製品が増えてきている。

これに対してHDMI入力が可能なディスプレイを複数所有しているという人は、まだまだ少なかったりする。そこで1台の液晶ディスプレイや大画面テレビなど、HDMI入力を切り替えて利用するHDMI切替器を活用することで1つのHDMI入力を複数の機器で利用できるようになる。

ということ4入力を切り替え可能なHDMI切替機を紹介しよう。HDMI規格は3D信号などに対応しているVer1.4b対応。また4K出力(4096×2160ドット/30Hz)にも対応しているので、最近値段が下がってきた30Hz出力の4Kディスプレイでも利用できる。

入力機器を切り替える際に画面の中に小さいワイプ画面を表示してくれる。

入力機器を切り替える際に画面の中に小さいワイプ画面を表示してくれる。

本品の最大の特徴は、Picture in Picture(P in P)機能だ。入力機器を切り替える際に画面の中に小さいワイプ画面を表示し、切替先の画面を確認できるようになっている。値段は税込で4,999円と4K対応の4入力切替機では手ごろな価格に設定されている。
※4K出力時はP in Pに非対応なことに注意

■製品概要
製品名:HDMI1.4b 4K2K対応 PIP機能搭載4入力1出力 HDMI切替器(セレクター)
型番:DN-11539
価格:4,999円(税込)

■製品仕様
HDMI規格:1.4b
インターフェイス:HDMIタイプA(入力×4/出力×1)
対応解像度:4K/30Hz、1080p、1080i、720p、576p、480p
その他仕様:3D映像対応
・データレート:最大3.4Gbps
・24/30/36 bit deep color サポート
・HDCP準拠
サイズ:70(縦)mm×180(横)mm×20(高さ)mm
重量:約230g
付属品:ACアダプター、リモコン、簡易マニュアル(英文/中文のみ)
製品保証:購入後1か月間

DN-11539 上海問屋限定販売ページ
■上海問屋

■上海問屋に関連した記事を読む
・アクションカムやデジカメを自転車のハンドル等にホールドできるマウントホルダー
・大きめのイヤーパッドが耳を覆うため長時間使える密閉型ヘッドホン
・ビジネスのお供に・・・、単なる名刺入れと思いきや!スマホスタンドになる名刺入れ
・車の後部座席でタブレットを使いたい人向けのヘッドレスト固定用タブレットホルダー
・RCAの入力が2系統で30W×2仕様のデジタルスピーカーアンプ

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング