アウトドアや夜間ハイクやポタリング等に向くLEDヘッドライト&キャップライト

ITライフハック / 2014年8月12日 17時0分

写真

とりあえずどうでもいい話題から。イマドキ流行らないが、筆者は小学生から中学までボーイスカウトに所属していた。毎月の週末にはボーイスカウト活動として深夜に30kmを徒歩で歩くナイトハイクなどを行ったりしていた。

また夏休み等は夏キャンプと称し、富士五湖のキャンプ場などに出向いて1週間ほどキャンプ場で生活を送るといったことを何年も続けていた。当時から頭に付けるライトなどはキャンプ用品として存在していたし、LED電球を使ったマグライトなども高価ながら、販売されていた。

しかし、価格が高くて高嶺の花といった感じで昔ながらの豆電球を使ったライトをメインで利用するしかなかった思いでがある。しかし、最近は良い時代になった。頭部や帽子のツバに装着することで、両手を空けて作業可能にするLEDヘッドライト&LEDキャップライトがワンコインで買える時代になった。

ライトは2種類

ライトは2種類

というわけで税込500円のLEDヘッドライト&LEDキャップライトを紹介しよう。筆者もいまではサマーキャンプなどに行くことはないが、夜に自転車でコンビニに行くことがあるので、よく持って出るのを忘れるハンドルに付けているマグライト代わりにキャップライトを使ってみようかと考えている。

また、手元が暗い場所や車の整備などでジャッキアップして馬台で支えて車の下に潜って整備を行うようなケースではヘッドライト型が非常に便利だろう。マグライトを口にくわえて作業するような光景を目にするが、実際あれを長時間やると非常にアゴが疲れてしまうのだ。

両方持っていても千円なので、この際、2つとも購入してしまうというのもアリかもしれない。種類の違いは以下

・ヘッドライト型
ゴムバンドを頭部やヘルメットなどに巻いて固定するのがヘッドバンドタイプ。レンズホルダー部分はズームすることができ、光の広がりを調節できる。電源には単4乾電池3本(別売り)を使用。

ヘッドライト型

ヘッドライト型

・キャップライト型
野球帽型の帽子のつばにクリップを挟んで固定するのがキャップライトタイプ。電源にはCR2032ボタン電池2個(別売り)を使用。

キャップライト型

キャップライト型

■製品概要
製品名:LEDヘッドライト キャップライト
型番:DN-11161
価格:各500円(税込)

■製品仕様
光源:
ヘッドライト型:白色LED1灯
キャップライト型:白色LED5灯
電源:
ヘッドライト型:単4乾電池3本
キャップライト型:CR2032ボタン電池2個
サイズ
ヘッドライト型:60(横)mm×65(縦)mm×43(高さ)mm
キャップライト型:83(横)mm×51(縦)mm×10(厚さ)mm
重量
ヘッドライト:約60g
キャップライト:約25g
製品保証:購入後初期不良2週間
※電池は付属していません。別途ご用意ください。

DN-11161 上海問屋限定販売ページ
■上海問屋

■上海問屋に関連した記事を読む
・書き味が違う! ユニークなペン先のスマートフォン用タッチペン
・切り替え先画面をP in Pで確認 HDMI1.4bで4K解像度びの対応するHDMI切替器
・アクションカムやデジカメを自転車のハンドル等にホールドできるマウントホルダー
・大きめのイヤーパッドが耳を覆うため長時間使える密閉型ヘッドホン
・ビジネスのお供に・・・、単なる名刺入れと思いきや!スマホスタンドになる名刺入れ

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング