英語のスキルがみるみるアップ!仕事で使える便利な英語表現【Eigooo!英会話】

ITライフハック / 2014年8月15日 10時0分

写真

今日は8月15日、終戦の日だ。戦後の日本は教育も大きく変わり、英語の重要性が高まっている。英語公用化を推進している会社が増えてきていることから、ビジネスユーザーの中には、英語をマスターしたいと考えている人もいるだろう。

そうした人に向けて、仕事で使える英語表現を紹介しているのが、Eigooo!ピーター氏が担当する「Eigooo!英会話」だ。そこで、お盆休み3本目の記事として、「仕事で使える英語表現」を一気に紹介しよう。

■自己紹介は大丈夫?初めての挨拶【Eigooo!英会話】
本連載では、週に一回、ビジネスユーザーに役に立つ英会話を紹介していきます。皆さんと一緒に楽しく英会話を学べたらよいと思っています。ピーター先生と呼んでください。記念すべき第1回目のレッスンは、「初めての挨拶」です。

■アナタは知ってました? 海外におけるビジネスマナー~正しい握手の方法~【Eigooo!英会話】
記念すべき初回となる前回は「初めての挨拶」ということで、自己紹介の仕方を紹介しました。
今週はその続きということで「正しい握手の方法」を説明したいと思います。

■どこを応援していますか?~ ワールドカップ編 ~【Eigooo!英会話】
前回は「海外におけるビジネスマナー」ということで、正しい握手の方法を紹介しました。サッカーのワールドカップが始まりましたね。これからの数週間、世界中の人が注目する試合です。こうした旬の話は、ビジネスを円滑にします。

■プレゼンで役立つ英語 ~日本人が間違えやすい表現 ~【Eigooo!英会話】
前回はビジネスを円滑にする表現ということで、ワールドカップで使える英語を紹介しました。今日は、プレゼンで日本人が間違いやすい表現を紹介したいと思います。

■名刺交換の際に役立つ表現!~ ビジネスイベントやトレードショウで使える英語 ~【Eigooo!英会話】
前回はビジネスを円滑にする表現ということで、プレゼンで役立つ英語を紹介しました。今日は、名刺交換で使える英語を紹介したいと思います。

■営業先で使える英語表現!~もうかりまっか?を英語で言うと?~【Eigooo!英会話】
前回はビジネスイベントやトレードショウで使える表現ということで、名刺交換の際に役立つ表現を紹介しました。今日は、営業先で使える英語表現を紹介したいと思います。

■来客時に使える英語表現~フレンドリーな挨拶~【Eigooo!英会話】
来客があった時に使える英語表現を紹介したいと思います。お客様が来たときに、下記の表現をするのは知っていると思います。

■同僚や部下を紹介するときは何て言う?~人を紹介する表現~【Eigooo!英会話】
訪問先の会社やビジネスイベントで同伴している同僚や部下を紹介する機会が訪れたとして、どういう表現が良いでしょうか。紹介するのが自分の友達であれば、ご存知のように下記のような表現をします。

■本当は行きたい!でも行けない!~残念さを込めた誘いの断り方~【Eigooo!英会話】
ビジネスでは、様々なイベントや会合に招待されますね。(正直行きたくない)イベントや、たまたまスケジュールが入っていて行きたくても行けない。そんなときアナタはどうやって、その誘いを断っていますか。そこで、今日はお誘いを受けたとき、相手に対し失礼のない「お断り」の表現を紹介したいと思います。

■別れ際に気持ちのこもった挨拶~心を込めたさよならの表現~【Eigooo!英会話】
本当は行きたいけど行けないときに使える英語ということで、「残念さを込めた誘いの断り方」の英語表現を紹介しました。今日は、“気持ちのこもったさよなら”をしたいときに使える英語表現を紹介したいと思います。

■相手がどう思うか・感じるかを考えてお願いをする~仕事を頼むときに使える表現~【Eigooo!英会話】
前回は“気持ちを込めて別れの挨拶”をしたいときに使える英語表現ということで「心を込めたさよならの表現」の英語表現を紹介しました。今日は、相手の気持ちや状況を考え、仕事を頼むときに使える英語表現を紹介したいと思います。

(ピーター先生)

■チャットで英会話「Eigooo!」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■ITビジネス関連の記事をもっと見る
・個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第三十一回
・IT自動化を活用せよ!「オープンソースの構成管理ツールAnsible入門」第二回
・「新経済連盟イノベーション大賞」 記念すべき初回受賞者に山中伸弥氏を選出!
・IT自動化を活用せよ!新・連載「オープンソースの構成管理ツールAnsible入門」
・個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第三十一回

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング