吉野家、ライザップとコラボレーションした「ライザップ牛サラダ」を発売

ITライフハック / 2019年5月9日 17時0分

写真


吉野家は、RIZAP(以下、ライザップ)とコラボレーションを実施し、両社が共同開発した新メニュー「ライザップ牛サラダ」を、全国の吉野家店舗で5月9日(木)10時から販売する。価格は500円(税込540円)で、テイクアウトも可能だ。

今回は、「牛丼を食べたい、でも、ボディメイクも気になる」というユーザーの両方の要望を叶えるためのメニューを開発するため、吉野家からの打診により、吉野家とライザップが初めてコラボレーションを実施した。「牛丼」の要素もありながらライザップが提唱する“高たんぱく質、低糖質”を叶えた「ボディメイク」もできる新メニュー「ライザップ牛サラダ」を共同開発する運びとなったとのこと。

なお、今回の両社コラボレーションは、吉野家は美容・健康産業企業と、ライザップは外食産業とコラボレーションを実施するのは初めてとなる“初”づくしのコラボレーションだ。

「ライザップ牛サラダ」のボリュームは一食300g超のボリュームで、牛肉・鶏肉・豆・玉子・野菜をバランス良く食べられる満足感・満腹感を得ることができるメニュー。また、ライザップが栄養価を監修しており、「ライザップ牛サラダ」はライザップ公認の“高たんぱく質、低糖質”な内容となっている。

■吉野家

■ITライフハック

■ITライフハック Twitter

■ITライフハック Facebook



■カルチャーに関連した記事を読む

・松坂慶子が存在感のある“おちゃめなワガママおばあちゃん”を熱演する日清の麺袋シリーズ新CM
・「ニコニコ超会議2019」2日目に押さえておきたいところ ~超会議2019~
・実に1トン!大量に準備したので余裕? 謎肉今年も超会議に登場!~超会議2019~
・ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」、母の日限定ギフト商品を販売
・平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング