パナソニックから「テクニクス」ブランドのステレオヘッドホン「EAH-DJ1200」が登場

ITライフハック / 2019年10月10日 15時0分

写真


パナソニックはテクニクスブランドにおいて、ロングセラーモデルのDJヘッドホン RP-DJ1200をベースに、音質や操作性・耐久性を向上させたステレオヘッドホン EAH-DJ1200 を11月15日より発売する。

前モデルとなるRP-DJ1200は、発売以来ターンテーブルSL-1200MKシリーズとともに高い評価を受け、累計販売台数が50万台を超える、世界中のDJに使用される定番ヘッドホンとなった。

本製品は直径40mmの新開発ドライバーの採用により、DJプレイ時の大音量下でのモニタリングに適した、クリアで低域と高域のバランスがとれた音質と低歪みの高耐入力を実現した。また、片側出しのコードは新たに着脱可能とし、ロック機構を加えてDJプレイ中のコードの脱落を防ぐほか、ヘッドバンドやイヤーパッド、ハウジング部の回転機構の耐久性を向上させるなど、使いやすさと信頼性を高めている。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・集中力向上!!JVCケンウッドより高い遮音性能で不快音や騒音から耳を守るイヤーマフ「EP-EM70」・富士フイルムから新開発センサー搭載のスタイリッシュなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A7」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング