いま流行のハイレゾ(DSD native/DoP)対応! 32bit/384kHzのUSB DAC

ITライフハック / 2014年12月3日 9時15分

写真

USB DACの世界でもハイレゾ対応が進んできている。元々、ノイズに弱いPCで音を出すなら、デジタルデータのまま出力してしまいDACでアナログに変換すればノイズの影響を受けずに音を楽しむことができるということで使われるUSB DAC。そこにCDの音質を超えるハイレゾ対応が進んできたというわけだ。ということでハイレゾ対応のUSB DACを紹介しよう。

対応しているのは現在主流となりつつあるDSDフォーマットでDoP転送方式、ASIO・WASAPIドライバ対応の32bit/384kHz。オーディオコントローラにBRAVO SA9227を採用。SA9227は16/24/32bit、32/44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/384KHzをカバー。DACにはシーラスロジックのCS4392が搭載されている。オペアンプはソケットにLM4562NAを2個搭載。もちろんヘッドホンアンプとしても使える。

22952_xKRQCwqPNx

本体前面に、ボリューム/電源スイッチのつまみに3.5/6.3mmヘッドフォン端子。背面に、USB端子、USB補助電源端子、丸型光デジタル端子/3.5mmミニの出力端子。PCとの接続はUSB(Type-B)接続のみで電源はバスパワーのみ。モバイルバッテリーを利用すれば、持ち出して利用することも可能だ。

22952_OUdqYotdOV

22952_QcxyJRAqsW

22952_OUdqYotdOV

■製品概要
製品名:DSD native/DoP対応32bit/384kHz USB DAC
型番:DN-11674
価格:19,999円(税込)

■製品仕様
対応OS:Windows Vista/7/8/8.1
本体サイズ:67(幅)mm×78(奥行)mm×28(高さ)mm
重量:169g
電源:USBバスパワー
入力:USB(Type-B)
出力
・前面:6.3/3.5mmヘッドホン端子
・背面:丸型光デジタル端子(S/PDIF)/3.5mmミニ端子
※端子共用/排他使用
サンプリング周波数
・DSD 5.6MHz 1bit
・DSD 2.8MHz 1bit
・PCM 16/24/32bit、32/44.1/48/88.2/96/176.4/192/352.8/384KHz
SN比:112dB
全高調波歪+ノイズ:0.003%
ヘッドホンインピーダンス:16~600Ω
付属品:マニュアル(英文)、ドライバ・ソフトウェアCD-ROM、USB(Type-B)ケーブル0.9m、補助電源用USBケーブル1.1m、3.5mmミニピン-RCAケーブル1.8m
製品保証:購入後6か月間

DN-11674 上海問屋限定販売ページ
■上海問屋

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■上海問屋に関連した記事を読む
・小さくてもQWERTY! マウス操作もできるBluetooth接続の小型キーボード
・余ったパーツを活用! 50mmのmSATA SSDを各種SATAに変換できる3種類の変換アダプター
・旅のお供に! タッチする度に色が変わる!7色LEDライト目覚まし時計
・低音から高音までバランス良く再生してくれるメタルハウジングヘッドホン
・千円を切るiPhone 6とiPhone 6 Plusに対応した、女性に人気の手帳型フェイクレザーケース

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング