菅田将暉さんがロゴマークに! ミスタードーナツ、スペシャルテイクアウトボックスが数量限定で登場

ITライフハック / 2020年9月4日 22時0分

写真



株式会社ダスキンが運営するミスタードーナツは、50周年アンバサダーとして“菅田将暉さん”を起用した。2020年9月よりさらに事業創業50周年を盛り上げていくとしている。

■ミスドの思いドキャンペーンも実施
ミスタードーナツは2020年1月で事業創業50周年を迎えた。4月より“ドを超える”をキーワードに、misdo meets 祇園辻利 Toshi Yoroizukaやmisdo meets MOCHICREAMなど今までになかったドーナツや、原田治さんのイラストを施したエコバックなど様々な、ドを超えた商品・グッズを展開した。

2020年9月より事業創業50周年をさらに盛り上げるために、この度、ミスタードーナツ50周年アンバサダーとしてミスタードーナツ第1号店がある箕面出身で、自身もさまざまなチャレンジをしており、ミスタードーナツを超えるというコンセプトにふさわしい、ドを超える存在“菅田将暉さん”を起用した。

そして今回50周年記念として、2020年9月4日(金)より数量限定で、50周年アンバサダー“菅田将暉さん”がミスタードーナツのロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックス(ドーナツ持ち帰り用ボックス)を用意。ドーナツはこちらに箱詰めして持ち帰ることができる。

さらに、事業創業50周年記念のキャンペーンとして、全国のにミスタードーナツ利用者の思い出を投稿してもらう、ミスドの思いドキャンペーンも実施する。

sub1

― ミスドの思いドキャンペーン実施概要 ―
≪実施内容≫
キャンペーン期間中、ミスドにまつわる様々な思い出をTwitterや郵送にて募集。

≪応募方法≫
つぶやき部門(短編)
<Twitterで応募>
ミスタードーナツ公式Twitterアカウント「@misterdonut_jp」をフォロー。ハッシュタグ「#ミスドの思いド」をつけて思い出を投稿。
※連続投稿による応募は原則審査対象外
※投稿最大文字数は指定ハッシュタグを含め140字(1ツイートで収まる範囲)

語る部門(長編)
<Twitterで応募>
ミスタードーナツ公式Twitterアカウント「@misterdonut_jp」をフォロー。noteにアカウント登録し、作品を投稿。Twitterで「#ミスドの思いド」「#語る部門」のハッシュタグを付けてnoteのURLと共にツイート。
<郵送で応募>
1.キャンペーンサイトより専用応募用紙(PDF)を印刷し、必要事項を記入。
2.専用応募用紙に、ミスドの思い出を記入。(様式自由)(イラストのみは不可)
※専用応募用紙の印刷が難しい場合は、「郵便番号・住所、氏名(フリガナ)、生年月日、性別、電話番号、メールアドレス(ない場合は不要)・ペンネーム」をご記入した用紙を必ず同封のうえ、応募。※応募作品文字数:800文字以内
3.住所宛に切手を貼付し、封書にて郵送。

■ミスタードーナツ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・ULTRAMAN(ウルトラマン)マスク、予約販売を開始
・虫螻を曼荼羅で表現! 曼荼羅蟲螻田保橋淳展【Art Gallery M84】
・「灼熱」のダークファンタジー×「ひんやり」スイーツがコラボ、TVアニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」とのコラボカフェ
・キンプリ永瀬廉さん登壇! 「ヒルマイルド」新CM・製品発表会
・ついに発売! エヴァンゲリオン最新本、中身をチラ見せ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング