Makuakeにて期間限定販売! Poooliモバイルプリンター「Poooli L3」

ITライフハック / 2020年10月28日 10時0分

写真



株式会社SKYHOPEは、クラウドファンディングサービスMakuakeにて、スマホ・タブレット連動型スマートプリンター「Poooli L3」を2020年10月27日より限定販売する。予定販売台数500台のみ。

■期間限定で発売
体験型店舗「b8ta Tokyo - Yurakucho」にて期間限定展示で話題となったモバイルプリンター「Poooli L3」を2020年10月27日より期間限定で発売する。

Poooliモバイルプリンターは、Bluetoothでスマートフォンやタブレットに接続するだけで、メモやWEBサイト、写真を簡単に印刷できる。レジと同じく感熱紙で印刷を行うことで、インク補充などの手入れはなく、また瞬時に印刷することができる。

sub6

印刷以外に、スキャン、OCR機能(文章読み取り)、PDF印刷、音声ファイルQRコード発行など、さまざまなことができる
そして今回のPoooli L3は、Poooliシリーズの最新型モデルで、通常のモバイルプリンターよりも幅が広く、過去のモデルより幅広い印刷が実現できる。

今回の限定販売は500台のみで、12月中旬発送予定。その後の販売は現時点未定となる。

sub7

sub2

○印刷が大きくなって、さらにきれいに
従来のL2よりも大きく印刷ができるので、いままでなかなか見えない部分もきれいに見えるようになった。

Poooli L2では、主に手持ちのシンプルなメモや飾りなどで使用されることが多いのですが、Poooli L3は最大110㎜の印刷なので、いままでL2では表現が難しかった細部の文字や絵柄がくっきりと見えるようになる。文章の場合、幅を目いっぱい使うことにより、紙の長さを抑えることができる。

sub1

○お馴染みのPoooliぷりんとで操作可能
アプリは従来のPoooliアプリ、「Poooliぷりんと」で操作が可能です!Poooli L2を利用した人は、そのまますぐに利用することができる。もちろん今までのPoooliの豊富な機能もそのまま利用できる。1つのアプリで二つのPoooliと接続できて、便利だ(iOS10.0以上・Android5.0以上対応)。

sub3

※アプリ画面のデザインはイメージ。

○持ち運びに便利
Poooli L3は最長辺の長さ14㎝で、機種にもよりますが、スマートフォンとほぼ同じ長さとなる。持ち歩いても気にならないサイズだ。ちょっとした小型プリンターを常に持ち歩き、家ではこの1台があれば、パソコンやプリンターがなくてもほとんどの印刷ができる。

sub4

■スマホ・タブレット連動型スマートプリンター「Poooli L3」
■クラウドファンディングのプロジェクト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・冬のツーリングの寒さ対策に!サンコー、『洗える!ヒーター内蔵ホットフェイスマスク』
・大柄体型でも着られるフリーサイズ!サンコー、『洗える!「電熱ヒーター内蔵ベスト」』発売
・ポータブルBluetoothスピーカー!ハーマン「JBL GO3」新登場
・iPhone 12シリーズと一緒に使いたい!AUKEYスタッフ、イチオシの急速充電器はコレ
・ペットボトルのお水を約2秒で沸かせる!サンコー、瞬間湯沸かしケトル「ホットウォーターサーバーmini2」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング