整理整頓しないと“人生で225日”損する…!? 「ムダな探し物」をしがちな人のNG事例

It Mama / 2016年10月31日 10時20分

ご飯を炊く前に、取扱い説明書を探し回ることになります。結果、御飯が出来上がる時刻は遅くなります。これでまた無駄な時間を使ってしまいます。

指定席を決めて、そこへ直ぐにしまう習慣をつけましょう。

その時のポイントはカテゴリー別! 出来ればファイルを別にしておくと素早く探せます。

例えばこんな感じです。

photo by author

・キッチン系・・・炊飯器、冷蔵庫、湯沸かしポット、電子レンジ、魚焼き器

・冷房系・・・・冷暖房、加湿器

・洗面所系・・・くるくるドライヤー、電動歯ブラシ、髭剃り、美顔器

・小物系・・・・・時計、タイマー、オルゴール

・健康器具系・・・肩たたき器、マッサージチェア、電気毛布

また、昔あった家電の取り扱い説明書を未だに大切に保管している人がいます。40年も前に買ったもので家に物はないのにいつまでも取説だけが残っています。

こういう不要なものが残っていると、探し物をする時間が更に増えます。そうならないためにも、新しく物を買ったら前の炊飯器の取説は捨てる習慣をつけましょう。

■散らかっているデメリット

更に部屋が汚いと損なことが沢山あります。

・汚い部屋にいると不愉快になる

 ↓

・運気が逃げていき幸運が遠のく

 ↓

・散らかっていると掃除が出来ないので埃まみれになり健康にも悪影響

“外出好きの人”も“家ネズミ”の人も基本、家で寝ることを考えれば過ごす時間は一番長いはずです。

家が綺麗に片付いてすっきりしていると“良い気”が流れます。だから、家にいるのが楽しくなります。

さあ、今から整理整頓してみませんか?

【画像】

※ Voyagerix、pathdoc / Shutterstock

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング