お金にとらわれないで「豊かな人生を送る」ための7つのヒント

It Mama / 2013年12月25日 8時0分

写真

あなたはお金がなくてイライラしたり、お金がある人を妬んだりしていませんか? または、「お金だけがすべて」などと考えていませんか?

お坊さんマネーコーチ・佐藤颯融さんは、著書『お金にとらわれない生き方』で、「このような考え方をしていると、煩悩まみれの時間を過ごすことになり、心がお金にとらわれた人生となってしまいます」と言っています。

こんな惨めな人生、嫌ですよね。経済的な豊かさだけが幸せではありません。本当に豊かな人生を送りたいもの。そのためには、お金とどのように付き合えばいいのでしょうか?

本書から、7つのヒントをご紹介します。

■1:煩悩と正面から向き合い、煩悩をマネジメントするという発想を持つ

まず、「煩悩があるからお金がないんだ」と思って、煩悩を排除しようとしてはいけません。煩悩をマネジメントするという視点を持ちましょう。手始めに、煩悩を掘り起こしてみてください。

「あなたの煩悩を掘り起こし、そのうえでお金・投資で何を実現したいのか、そのゴールと現状のギャップはどの程度あるのか、またそのゴールに対してそもそもお金は有効であるのかを考えて」

”お金があったらやってみたいこと、ほしいもの”を赤裸々にノートに書いてみると、うまく掘り起こせますよ。

■2:自分自身に、定期的にお金に関する問いかけをする

次は、書き出した煩悩を、そぎ落として、絞り込んでみませんか? 絞り込むときは、人生にとって重大なもの、かつお金と密接にかかわっているものが何なのかを探し当てると、重要でも緊急でもないものがそぎ落とせます。

「本当に今なのか?」「身の丈を超えていないか?」「お金が不可欠なのか?」「人生にどのような影響があるのか?」「自分のためか?他人のためか?」と自分に問いかけてみてください。

また、これらを定期的に問いかけてみて、その答えを書き留めておきましょう。すると、心のしこりもスッキリ取れますよ。

■3:思考の出発点は「私のために」ではなく、「誰かのために」

上記の質問の最後に「自分のためか?他人のためか?」とありますよね。これが大事なことなのです。

将来のためにお金が必要だとします。それではそのお金は、”自分のため”なのか、”大切な人、社会、つまり他人のため” なのでしょうか? しっかり区別してみてください。

そして、大切な人のための投資について考えてみましょう。佐藤さんは、他人への投資について以下のように語ります。

It Mama

トピックスRSS

ランキング