あ~嬉し涙が出そう!機内で見かけたパパの「胸キュン行動」7つ

It Mama / 2014年3月17日 22時0分

写真

飛行機で家族旅行をする時って、機内での子どもの世話がいつも以上に大変で、苦労しませんか?

そんな時に、「子どもの世話はママの仕事」と言わずにパパが少しでも助けてくれたら、精神的にもずいぶんと楽になりますよね!

また、ママが一人で奮闘するより、パパが協力する姿を見て、例え子どもが騒いでも周りの目が優しくなるということがあります。

そこで、今回は元国際線客室乗務員の奥村典子さんに”機内で見かけた素敵なパパ”のエピソードを7つご紹介します。最近は、昔よりもずっと”機内イクメン”パパが増えたそうですよ!

■1:急いで機内食をかきこんでいた

「機内食をお渡しするなりパパが大急ぎで食べている姿が。食事後に子どもの面倒をみていたので、ゆっくりママが食事できるように配慮したため、とわかりました。

座席に着くなりヘッドフォンを着けて爆睡するパパが多い中、”ママ思いだなぁ”と感心しました」

■2:抱っこひもで寝かしつけをしていた

「抱っこひもをつけて歩き回り、子どもの寝かしつけをしているパパを見かけました。フライトは大人でも疲れるものなので、子どもの世話で最も気を張っているママが休めるように、パパが頑張っていました」

■3:航空会社が提供するキッズ用のおもちゃをほしいと熱心に取りに来た

「通常は搭乗されたお客様のみにお渡ししている、キッズ用のおもちゃ。

それを、ビジネスで搭乗されたお客様が”家で待っている子どものため”とおもちゃを要望されたことがありました。特別にお渡ししたら、とても喜ばれたので、”子ども思いのパパだな”と胸が温かくなりました」

■4:子煩悩な話をしに来た

「機内の照明を暗くさせて頂いている時は、次の食事の準備の間などで客室乗務員の手が空いていることがあります。

そんな時、ギャレーを訪ねて来て子どもの話をずっとするパパがたまにいました。子煩悩なパパって、微笑ましいですよね」

■5:オムツ替えを一生懸命していた

「機内のトイレで子どものオムツ替えをされているパパがいて、驚きました。ただでさえ狭いトイレでオムツ替えをするのは至難の技なので、日頃から手伝わないパパなら不可能なはず。

そこまでは無理でも、ママが子どものオムツ替えでトイレに行ったら、ぜひパパが一緒に着いて行きトイレの近くで待っていてあげてほしいですね。荷物を持ってあげるだけでも、だいぶ助かるものです」

■6:子ども2人の面倒をずっとみてくれた

「これはうちのパパのことですが、日本に帰国する7時間のフライト中、ずっと子どもの面倒を見てくれました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング