加齢で細くなった髪が隠れて若く見える!超簡単ヘアアレンジ

It Mama / 2014年7月10日 13時0分

写真

加齢で傷んで細くなった髪。たまにはオシャレにしたいけど、忙しくて髪はいつも後ろで一本縛り。もしくはいつも同じ髪型……。

加齢で細くなった髪に合う、自分でできる簡単で可愛いヘアアレンジがあったら、知りたいですよね。

以前、「プロ直伝!加齢で細くなった髪が劇的に変わる魔法のテクニック」で取材させていただいた美容師の西田美弥子さんに、細い髪の人用”簡単ヘアアレンジ”を教えてもらいました。

用意するのは、クリップとゴム、ピンだけでOK。これならどんなに不器用なママでもできるので、ぜひ挑戦してみてください!

■加齢で細くなった髪に合う簡単ヘアアレンジ

(1)髪を乾かして、細い髪を立ち上げる

髪が細い人は、濡れた髪をドライヤーするところから可愛いアレンジ作りが始まります。まずは、普段の分け目とは逆方向にドライヤーをしましょう。

後ろの毛は、首を前に倒し、頭皮をこすりながら前に持ってくる感じで乾かします。これにより、細くて寝てしまいがちな髪が、立ち上がってきます。

前髪も、普段の分け目とは違う方向に一度ドライヤーします。すると、今風のふわっとした前髪に仕上がります。

コテなどで髪を自分で立たせるのはけっこう大変です。しかし、このようにドライヤーをすることで、コテなどを使わなくても自然に髪をふんわりとさせることができます。

(2)上部の髪を持ち上げて、ひねって止めておく

こめかみから指一本上ぐらいの位置を目安に、上部の後ろ髪をぐっとふんわり持ち上げます。

ポンパドールをするときの要領で、ふわっとボリュームを出しましょう。持ち上げた髪は半回転させて、ひねってクリップで前に留めておきます。

(3)残りの髪をゴムでひとつにまとめる

そして、残りの髪をゴムでひとつにまとめておきます。このとき、後ろ頭の上部はクリップ、その下はゴムで髪が結ばれている状態です。

(4)上部でとっておいた髪をピンで留める

次は、クリップで上部にとっておいた髪を、ピンで留めなおします。

(5)ゴムでひとつにまとめた髪を分けてねじり、ピンで留める

上部が終わったら、下に結んでおいた髪を3~4束ぐらいに分けて、ねじり、上と左右にピンで留めていきます。これが全て終わったら、完成です!

バレッタなどがあれば、留めてみてもオシャレ。簡単にまとめると、後ろ頭の髪を上部と下部に分けて、ねじって留めることで全体のボリュームを出す感じです!

■西田さんから細い髪で悩むママにアドバイス

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング