親のたった3つの視点で「引っ込み思案」の子どもを伸ばせる!

It Mama / 2014年11月25日 12時0分

写真

公園で水がかかっただけで「えーん」、お友達に押されただけで「ママ~!」と泣きながら助けを求めてくる我が子。 そんな引っ込み思案な子を見て「これからの人生やっていけるのかしら……」と不安になっているママもいるのでは?

そこで今日は、『小学校に入る前に親がやってはならない115のこと』の著者・立石美津子が引っ込み思案の子どもとの付き合い方についてお話したいと思います。

■1:みんな違って当たり前!

筆者は保育園で0歳児と関わっていますが、まだ生まれて1年も経っていないのに性格が全く違います。

知らない人が横に座っただけで激しく人見知りをする子。誰でもいいから「抱っこ、抱っこ」と両手を差し出してくる子、一人でおとなしく遊んでいる子、動きが激しい子、様々です。

でも、生まれ持った遺伝子(DNA)も気質も違えば、育った家庭環境も違うのです。違って当たり前です。まずはその事実をママが受け入れることからはじめましょう。

こんなことないですか?

離乳食が始まる時期、ちょっと見た目が違ったり、味が違うと全然食べてくれない。

ヨチヨチ歩きが始まる時期になると、公園デビュー。けれどもママに「抱っこ、抱っこ」とせがみ、しがみ付いて泣くばかり。

お友達と遊び始める時期にはママ友の家に行ってもお友達の輪に入ろうとせず、じっと遠くから他の子どもの様子を観察しているだけ。

そんな時、「何で子どもらしく積極的に遊ぼうとしないの?」と他の子と比べ、イライラが沸き起こる。

でも、子どもは「元気に動き回って、お友達と楽しく遊ぶもの」と思うのは、親が決めつけた一つの物差しに過ぎません。これに沿わないから「うちの子は●●できない」と一喜一憂することはありません。

■2:“ないものねだり”していませんか?

親は気づかぬうちに、ない物ねだりをしています。

色白の子どもの親は色黒の子どもを見て「うちの子白いから病弱に見えて……。あの子は色黒で元気そうに見えていいわ」

色黒の子どもの親は色白の子どもを見て「色白うらやましい。それだけで可愛いわ」

ご自分に当てはめてみるとわかるはずですが、“ないもの”にフォーカスをしだすときりがありません。我が子に“あるもの”にフォーカスをして、その才能を開花させることをママが手伝うことに意識を向けてみましょう。

■3:その子にしかない才能に気づいてあげる

例えば、公園で走り回っている恐いもの知らずの子は、何事もまずどんどん挑戦することができるチャレンジ意欲をもっています。その性格を開花させて、将来凄い発明をしたり、ベンチャー企業の社長になるかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング