最先端!「月1万円を節約する」簡単裏ワザをプロに聞いてみた!

It Mama / 2014年11月28日 13時0分

写真

年末年始って、出費がかさみますよね。お財布がちょっぴり寂しい、なんていうママも少なくないはず。

『家計と食費の節約に関する調査』では、1年のうちでもっとも財布のヒモが緩む月、断トツの1位が12月だという結果になっています。(株式会社ディー・エヌ・エー調べ)

そこで、年末年始の無駄遣いを減らしたい!と思い立った筆者は、節約アドバイザーの丸山晴美さんの『年末年始のための“月1万円”を抑える“IT活用”節約術セミナー』に行ってきました!

今回は、その“最先端”の節約術をご紹介します。

■最も節約をしたいのは“食費”!

主婦の方達が最も節約をしたいと考えているのが“食費”です!

月々の理想の食費は2.5~4万円だそうですが、現実はというと3.5~5万円という答えが最も多く、理想と現実の間には“1万円”もの差があるのです。

ではどうやって、理想の食費にすればいいのでしょうか?

■そもそもなぜ節約をするの?

ただ、なんとなく節約をするのでは、節約生活は続きません。

では、あなたはなんのために節約をするのか?

それを明らかにするためには“夢計画リスト”を作成するのが良いそうです。作り方は下記の通り。

(1)頭の中にある“やるべきこと”や“やりたいこと” を思いつく限り書き出す

(2)それぞれに優先順位をつける

(3)いつ、いくらかかるのか?を割り出す

(4)どこから、どのように捻出するのか?を考え、実行にうつす

ポイントは、とにかくやりたいこと全て書き出してから、優先順位をつけていくことです。最初から、順番をつけて書き出すのは、悩んでしまいなかなか出てこないので、まずは思いつく限り、細かいことでも書いていきましょう!

■節約術の基礎編!○△×でムダを“見える化”する

節約の目的がハッキリしたところで、節約術の基礎編としてご紹介するのが、“○△×でムダを見える化する”という方法! とっても簡単なそのやり方をご紹介します!

(1)一ヶ月分のレシートを集める(給与日から翌給与日前日まで)

(2)必要度に応じて、購入商品の横に○×△印を付ける

 ○=必要なもので安く買えたもの、最後まで無駄なく使い切れたもの、必要経費等

 △=必要なものだけど買い方や使い方次第で安くなったもの、公共料金等

 ×=ムダ!

これで、×になったものの合計金額はいくらになりましたか? その金額は、本来であれば貯金にまわせたはずのお金なのです。×を減らすよう心掛けましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング