お姑さんに「デキた嫁!」と思われる帰省時の手土産6選

It Mama / 2014年12月28日 15時49分

写真

先週で仕事納め、そして今週から実家への帰省を予定している方も多いと思いますが、新米ママの中には、初めて夫の実家に帰省するという方もいるのでは? そんな時の悩みの一つが“手土産”。

株式会社みんなのウェディングの『結婚後の帰省に関するアンケート調査』によれば、夫の実家への帰省の際に気を使うトップ3は、「手伝いの程度」「会話」「手土産」という結果が出ています。

特に手土産に関しては、最初に喜んで貰えれば、その後の過ごし方にも差が出てくるというもの。

今日は、「できたママ」と思われる手土産マナーと筆者おすすめの手土産6選をご紹介します!

■帰省時に手土産持ってく?持っていかない?

まずは、手土産自体、みんな持っていくものなのでしょうか?今回のアンケートでは、「持っていかない」と回答した人は、わずか9.6%で、持っていくと回答した人の手土産予算は、トップが「1,000〜2,000円未満(34.2%)」という結果となりました。

中には、相手の両親に何も持って来ないでと言われる方もいるようですが、子どもがお年玉を貰うことが多い年末の帰省には、「ちょうどお好きな○○を見つけたので」などと添えて渡せば、相手も決して悪い気はしないハズ。

 ■手土産選びのコツ

では、実際にはどのような物が喜ばれるのでしょうか? 無難なお菓子にしても本当に喜んでもらっているのか分からないところがあります。「できた人」と思われる手土産選びのコツをお伝えします。

もしまだあまり相手の実家の事を知らないようであれば、まずは、夫に義父母の好み、持病、健康に気をつけているかなどの情報を聞いておくことが大切。

その中で地域の名産品、小分け可能なもの、日持ちがする物、仏壇にお供えできる物などを考えたいですね。

また、親戚や近所への手土産が必要かどうか、前もって義母に確認しておけば、この時点で「気遣いがある人」と感心してもらえるかもしれません。

 ■人気スポット別おすすめのお土産6選

年末の慌ただしいなか忙しくなかなか買いに行く時間がとれず、ネット注文するにも出発に間に合わない!
そんなママへ、帰省時に利用する2大スポットから人気の手土産商品をご紹介します。

 ●約200ものショップが並ぶ羽田空港からのおススメ3選

1.「なだ万 クリームチーズおかき」(8袋入り、1,080円)

- 日本料理の老舗『なだ万』とコラボレーションした創作おかき。味と食感の異なる2種類(クリームチーズ・ベーコン)のおかきが楽しめ、お酒好きな方のおつまみやお茶うけにも。小分けされていて、日持ちするので喜ばれます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング