「いきなり!ステーキ」と「俺の」シリーズで、“脱・立ち食い”が進む背景

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年9月12日 17時16分

写真

お値打ち価格で高級料理を食べられるのが特徴

 古くからある「低単価、高回転」のビジネスモデルとしては、都市部や駅構内にある立ち食いそばが有名だ。近年では、「俺のイタリアン」で有名な「俺の」シリーズや「いきなり!ステーキ」が立ち食いスタイルでお値打ち価格の料理を提供し、お客の高回転を実現してきた。

 しかし、数年ほど前から、いきなり!ステーキや「俺の」シリーズで立ち食いスタイルが消えつつある。なぜなのか。

●お客の要望を受けて椅子席を増やした

 「2016年くらいから、座って食べるスタイルの店舗が主流になりつつあります」

 いきなり!ステーキを運営するペッパーフードサービスの広報担当者はこう解説する。国内の店舗数は9月上旬時点で315店にまで増加しているが、ほとんどの店舗で椅子席が用意されているという。特に、出店数を増やしているロードサイドの店舗では立ち食いのスペースがゼロというのも珍しくはない。実際、18年8月にオープンしたいくつかの店舗情報を公式Webサイトで調べると、「全席椅子席」と記載されていた。

 一方、都内の路面店は店舗面積が小さいため、立ち食いのスペースを残しているところもあるという。いきなり!ステーキにおけるお客の平均滞在時間をみると、ランチが20分、ディナーが30分で、「座って食べても立って食べてもほとんど変わらない」(広報担当者)そうだ。

 では、なぜ立ち食いは消えつつあるのか。広報担当者は「お客さまからの要望が多かったから」と説明する。当初は、「高回転、低価格」のビジネスモデルの象徴として、立ち食いスタイルは大きなインパクトを与えたが、店舗数が急増し、多様なお客を取り込む方針に転換した同社は、椅子席を増やしたというわけだ。

●「俺の」シリーズでも立ち食いが消えている

 いきなり!ステーキの創業者である一瀬邦夫社長に「低価格、高単価」というビジネスモデルのヒントを与えたのは、「俺の」シリーズだといわれている。当時、「俺の」シリーズは銀座を中心に原価率60%超で、お値打ち価格の料理を立ち食い形式で提供してきた。

 ただ、「俺の」シリーズでも近年、立ち食いスタイルが消えつつある。広報担当者によると「立ち食いを減らして、椅子席を増やしている」という。

 同社の方向転換を象徴するような店舗が18年8月に東京駅の近くにオープンした。「俺のGrill」だ。席数は138あり、全て椅子席。ステーキを味わいながらバンドの生演奏を聞くことができる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia ビジネスオンライン

トピックスRSS

ランキング