メルカリ、省スペースで展開可能な「メルカリステーション」を開設 アプリの利用促進を図る

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年10月18日 8時5分

写真

メルカリステーション

 メルカリは10月16日、店舗の空きスペース約2畳から展開可能な「メルカリステーション」を、パナソニックが運営する「Panasonic KURA_THINK(パナソニック クラシンク)」(神奈川県藤沢市)にオープンした。営業期間は2021年2月28日までで、営業時間は午前10時~午後7時。

 「メルカリステーション」は、メルカリの使い方をスタッフに聞いたり、撮影や梱包のコツを学んだりできる施設。6月に新宿マルイ本館、7月にららテラス武蔵小杉に出店してきた。新たに設置した施設では、メルカリオリジナルの梱包資材を販売するほか、出品したい商品を撮影できるブースや非対面で発送できる「メルカリポストプラス」を設置。

 メルカリとパナソニックはこれまで、メルカリポストの開発でパナソニックのテクノロジーを活用するなどの取り組みを行ってきた。今後は施設内でメルカリの使い方が学べる「メルカリ教室」などの開催を予定している。

 今回開設したメルカリステーションは、コンパクトな可動式モジュールを組み合わせた形式。最小で約2畳分のスペースに設置ができるという。同社の調べによると、メルカリへの出品意向はあるものの、利用したことがない人は3610万人に上る。今後同社は、店舗の空きスペースでの活用などを想定し、アプリ利用者の拡大を図りたい考えだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング