“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年10月29日 12時51分

写真

【画像】カインズ朝霞店に設置するロボット=ニュースリリースより

 ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。商品の種類や点数が多いホームセンター内で、求めるものが見つからない煩わしさを解消する目的だ。

 タッチパネルの画面を通したリモート相談会も不定期で実施する。DIY関連用品売り場とガーデニングコーナーで検証を行った後、今後の拡大を検討する。

 同社は2019年度から21年度にかけての中期経営計画の戦略としてデジタル化を掲げ、100億から150億円の投資を表明している。主な取り組みとして、19年12月にはオンラインから商品を注文し店頭のロッカーで受け取る「CAINZ PickUp」を導入、20年2月には商品の売り場や在庫が検索ができるスマートフォンアプリの提供を始めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング