500円安いだけではない? KDDIの新プラン「povo(ポヴォ)」発表

ITmedia ビジネスオンライン / 2021年1月13日 11時15分

写真

オンライン専用プランとなるKDDIのpovo

 KDDIと沖縄セルラーは1月13日、オンライン専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」を3月から提供すると発表した。月間データ容量は20Gバイトで、2480円(税別)。ドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」といった低価格プランと似たプランだが、他社よりも500円安い。

 他社同様、申し込みなどはオンラインのみ。キャリアメールも利用できない。夏には5Gネットワークにも対応するという。またeSIMにも対応予定だ。月額500円で5分までの国内通話が無料で利用できる「5分以内通話かけ放題」をオプションで提供する。ドコモとソフトバンクの新プランでは、標準で5分以内の通話が無料となっている。

 他社との違いは、200円で24時間データ通信が無制限で利用できる「データ使い放題 24時間」を提供すること。月に何度でも利用できる。

 政府主導の携帯料金値下げ競争は、ドコモが先陣を切って低価格プランを発表。ソフトバンクもほぼ同様の内容ながら、LINEの利用をデータ通信量にカウントしないという特徴を持つ。KDDIのpovoは、5分以内の通話をオプションとすることで、他社より500円安い価格を打ち出した。

 大手3キャリアの新料金プランが出揃ったことで、これまで価格の安さを特徴としてきたMVNO各社や、第4のキャリアとして2980円の低価格プランを武器にしてきた楽天モバイルも、料金プランの修正を迫られそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング