空き店舗が目立つ”裏原宿”で「古着屋さん」が増加? 若者の間でブームが起こるワケ

ITmedia ビジネスオンライン / 2021年2月24日 5時10分

写真

古着ブームが再燃

 今、若者達の間で「古着」が再注目されている。民間調査会社の調べによれば2019年度の国内ファッションリユースの市場規模は、前年比16.1%増の7200億円まで成長しているそうだ。その背景には、個人の環境意識の改善もあるが、フリマアプリによる個人間取引の拡大も理由の1つだ。

 フマアプリ大手のメルカリが発表した21年6月期第2四半期の決算は、累計流通総額が3676億円と、前年同期比で862億円の増加、営業損益も10億円と3期連続で黒字を確保した。筆者も先日、初めてこのメルカリを使ってアンティーク時計を購入したが、市況価格の半額ほどで購入できた。コロナ禍による生活様式の変化の現われでもあるが、リユース商品の着用ハードルも確実に下がってきていると実感した。

 若者達は、古着店のことを親しみをこめて「古着屋さん」と呼んでいるが、空きテナントが目立ち始めている東京・原宿通りやキャットストリート周辺の「裏原宿」を歩いてみても、その「古着屋さん」が増えているように感じる。今の古着屋さんはInstagramやYouTubeといったSNSツールを使って情報発信しているのが特徴だ。人気の古着屋さんともなるとフォロワー数が4万人を超えるところもある。今回は脚光を浴び始めた「古着屋さん」が発信する、古着ファッションについて考察してみたいと思う。

●かつては「キムタク」や「浅野忠信」 今の”アイコン”は……

 古着ファッションは四半期世紀前に一大ブームを迎える。ピーク年度にバラつきがあるかもしれないが、私の記憶では1997年頃ではなかったかと思う。この年は消費税が3%から5%に上がり、山一証券や北海道拓殖銀行などが破綻した年でもある。ちまたでは「たまごっち」が流行し、若者に人気の商業施設「SHIBUYA109」で販売しているような「109系ファッション」が台頭した頃の話だ。

 テレビドラマでは木村拓哉と松たか子タッグの「ラブジェネレーション」の平均視聴率が30%を超え、キムタクが腕にしていたロレックスのエクスプローラーが入手困難になるほど話題となった。そんな年に古着ファッションは「ヴィンテージ・ファッション」と格上げされて呼ばれるほど人気を博した。

 いつの時代でもファッション・アイコンが登場すると、1つのファッション・ムーブメントが盛り上がる。そのファッション・アイコンの代表的な存在として、ひと昔前では木村拓哉だったろうし、メンズファッション誌に勢いがあった頃は、浅野忠信などもよく表紙を飾っていた。だが、マスメディアの下火とともに強烈なインパクトを持ったファッション・アイコンも見当たらなくなってしまった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング