なぜ“デスクトップLinux”は普及しなかったのか?

ITmedia エンタープライズ / 2018年11月19日 18時1分

写真

 10月末に発表されたIBMがRed Hatを買収した件は話題になりました。この件でいろいろ調べていたら、こんな記事が目にとまりました。

・25歳になったRed HatはLinuxの先を見つめる(TechCrunch Japan)

 この中にこんな一節があります。

LinuxがMicrosoftのデスクトップ支配に敢然と立ち向かうかのように見えた90年代半ばの熱狂とは異なっているものの

 確かに、昔はLinuxは“デスクトップWindows”に闘いを挑んでいたのですよね。今でももちろん“デスクトップLinux”はありますが、主流はサーバ向けで、Red Hatの成功もそこから来ています。

 私は今の会社を立ち上げる直前、Red Hat Japanに在籍していました。12~3年前です。当時はLinux(というかオープンソース)はMicrosoftと全面戦争状態にあり、Red Hat社員のPCはほぼ全てデスクトップLinuxでした(経理など一部の部門にはWindowsもありましたが)。そのとき、「やはりLinuxはデスクトップユーザーには使いづらい」ということを感じました。

 バリバリのOSSコミュニティーの人たちは、「かなりWindowsに近くなった」「少し我慢すれば全然大丈夫」などと言っていましたが、ずっとMacintoshやWindowsを使ってきて、半ば強制的にデスクトップLinuxを使わされた身としては、「あれもできない、これも不満」という状況でした。

 つまり、作っている側は「かなり良い線いってる」と思っていたのが、ユーザーから見ると「全然駄目」だったわけで、この辺のギャップにデスクトップLinux失敗の要因があったように思います。

●デスクトップLinuxのどこが残念だったのか

 当然のことながら、Linuxでは「Microsoft Office」が使えないので、「OpenOffice」が標準ですが、細かい部分の操作が違うし、ファイルフォーマットも完全互換とはいえず、社外の企業や官庁とのデータのやりとりがうまくいかないことがしばしばありました(プレゼンソフトで三角型が描けずに半日悩んだ、と言っている人もいました)。

 いまだにMS Officeが世界標準として使い続けられていることを考えると、この点が、企業がデスクトップLinuxを使おうと考える上で最も大きな問題だったのだろうと思います。Macはその点、幸運だったといえるのでしょう。

ITmedia エンタープライズ

トピックスRSS

ランキング