b-mobileが昼に大健闘 ドコモ本家はやはり速い――「格安SIM」17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線4月編)

ITmedia Mobile / 2017年5月19日 16時46分

写真

画像:ITmedia

 MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。

 そこで、各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介。今回は2017年4月編として、ドコモ系MVNOの通信速度をレポートしたい。au系MVNOについても同時に調査したので、別途記事を掲載する。本企画がMVNOサービスを選択する際の一助になると幸いだ。

 なお、4月には平日昼と夕方に、YouTube動画の再生テストも行っているので、こちらも参考にしてほしい。

●通信速度の調査方法

 今回、テストを行ったのは以下の20サービス。

・IIJmio

・OCN モバイル ONE

・BIGLOBE SIM

・b-mobile(おかわりSIM)

・LINEモバイル

・楽天モバイル

・NifMo

・ロケットモバイル

・FREETEL SIM

・DMM mobile

・U-mobile PREMIUM

・mineo(Dプラン)

・DTI SIM

・0 SIM

・イオンモバイル

・エキサイトモバイル

・nuroモバイル

・ドコモ(mopera U)

 本家ドコモのサービスであるmopera Uを除くと、MVNOのサービスは計17となる。いずれのSIMもLTEの高速通信に対応したものを使っている。

 調査条件は以下の通り。

・計測端末:ZenFone 3×2台

・計測アプリ:RBB SPEEDTEST

・計測日時:4月26日(水)12時20分〜、18時〜、2月27日(木)8時50分〜

・計測場所:JR横浜駅西口

・計測回数:下りと上り3回ずつ(平均値を掲載)

 通信測定のエラー、明らかにありえない速度(理論値超え)が表示された場合は再測定としている。同時に使えるスマホは2台のみなので、全サービスを同時に測定しているわけではない。各サービスの測定開時刻は、テスト結果の表を確認してほしい。記事で明記している速度結果は特記がないものを除き、3回の平均値。

 本企画で紹介する通信速度は、時間帯や場所によって大きく変化するので、記事で紹介されている数値を100%うのみにせず、あくまで参考値としてご覧いただきたい。

●午前の下りはmineo(Dプラン)が100Mbps超え、上りは楽天モバイルがトップ

ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング