iPhoneがそばになくても便利に使える――「Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)」を速攻レビュー

ITmedia Mobile / 2017年9月13日 17時0分

写真

Apple Watch Series 3。左が38mmモデル、右が42mmモデル

 Appleは9月12日(現地時間)、「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」と合わせて「Apple Watch Series 3」を発表した。

 素材やバンド、ブランドとのコラボレーションなど、多彩な組み合わせが存在するが、大きく分けると通常モデルの「Apple Watch」、ナイキとコラボした「Apple Watch Nike+」、エルメスモデルの「Apple Watch Hermes」、筐体にセラミックを使用した「Apple Watch Edition」の4ライン構成となる。ここは従来シリーズと同様だ。

●ついにLTE・3G(W-CDMA)に対応!

 Series 3の最大の特徴は、LTEと3G(W-CDMA)に対応する「GPS + Cellularモデル」(以下「LTEモデル」)を用意したことだ。LTEモデルではiPhoneを持ち運ばずに単体で通話やデータ通信を行える。VoLTEにも対応している。

 発表会では、ランニング時にApple Musicでクラウド上にある音楽を聞いたり、スポーツしながら電話をしたりといった利用シーンが紹介された。より身近なケースでは、単体で通信が可能になったことで、コンビニなどの近場に出かける際に、iPhoneを持つ必要がなくなる。Apple Watch Series 2と同様、FeliCaにも対応しているため、Apple Payを使った決済も行える。

 実機を見てまず驚いたのは、GPS + CelluarモデルであってもサイズがこれまでのApple Watchと変わっていないことだ。BluetoothやWi-Fiで接続するスマートウォッチとしてはごく普通のサイズ感だが、LTEのモデムチップが入った“電話”だと思うと、見方が変わってくる。通話やSMSに機能を絞った薄型のシンプルな携帯電話よりもさらに小型で、「これで本当に電話ができるのか?」と思ったほどだ。

 小型化できた(大型化せずに済んだ)大きな理由の1つは、アンテナにあるという。Series 3はディスプレイ全体がアンテナになっており、LTEや3Gの電波を受ける仕組みとなっている。ディスプレイがアンテナになっているため、ボディーの切り欠きなど、デザインを損なうような処理も施されていない。見た目だけでいえば、従来のApple Watchと遠目では区別がつかないかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング