ラスベガスのバスは渡航者も“スマホだけ”で乗れる

ITmedia Mobile / 2018年1月13日 6時0分

写真

ストリップを24時間走るバス、Deux

 CES 2018が開催された米ラスベガス。24時間オープンしているカジノや、さまざまなショーを1日中体験できるリゾート地です。しかも繁華街(ストリップ通り)を中心にバスが走っており、車を使わなくても移動できるという、米国でも便利な街です。

 海外でバスに乗るのは大変ですよね。でもラスベガスのバスはスマートフォンでチケットを買い、スマートフォンを使って乗車できるのです。しかもNFCは不要。QRコードで乗れるので、ちょっと古いスマートフォンや、NFCを搭載していないiPhoneでも利用できるのです。

 ストリップを走るバスは、Deuxと呼ばれる2階建てバスが24時間走っています。カジノに熱中してしまって夜中になった場合や、夜遅いショーを見た後でも利用できます。運転間隔は15~20分と、けっこう頻繁に走っています。一方、SDXは快速バスで主要ホテルのみ停車。こちらは朝9時から夜中までで、15分間隔で走っています。

 これらのバスに乗るのに必要なチケットは、バス停にある自販機を使えばクレジットカードやApple Payで購入できます。ところが日本と違い、この自販機が故障していることがよくあります。バスの乗車時に運転手からチケットを買うこともできますが、高額紙幣は使えません。米国では多くのお店でクレジットカードが使えるので、バスに乗るために現金を用意するのも面倒でしょう。

 でもスマートフォンのアプリを使えば、バスのチケットをクレジットカードで購入できます。ラスベガスのバスを運営するRTCのアプリ「rideRTC APP」では、2時間チケット(6ドル)、24時間チケット(8ドル)、3日チケット(20ドル)を購入できます。

 アプリのインストール後は、メニューから「Buy Passes」を選択。ストリップを走るDeuxとSDXに乗るなら「Strip」を選択します。「Residential」はその他の路線バスです。次の画面で2時間、24時間、3日間を選択、続けて最初の利用時ならユーザー名とパスワード、クレジットカードを登録します。後は決定すれば購入が完了します。

 バスに乗るときは、メニューの「My Passes」を開き、買ったチケットをタップ。グレイの表示で「INACTIVE」になっているのでタップしてACTIVEにします。するとその時間から購入した時間が有効期限となるわけです。なお、チケットは複数買っておくことも可能。有効期限は1カ月です。複数必要なときはあらかじめ買っておいて、使う直前にACTIVEにすればOK。そして画面の「Tap to reveal barcode」をタップするとQRコードが表示されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング