スマホが大型化する中で、シャープはなぜ小型スマホを強化するのか?

ITmedia Mobile / 2018年11月16日 0時6分

写真

「AQUOS R2 compact」のディープホワイト

 シャープが11月15日に「AQUOS R2 compact」を発表。シャープはこれまで、“小型”を特徴に打ち出したコンパクトなスマートフォンを25機種投入してきており、直近では2017年12月に「AQUOS R compact」を発売した(ソフトバンクとKDDIが販売)。他メーカーでは6型前後のスマートフォンが増えている中で、なぜシャープは小型モデルに注力し続けるのか。15日の発表会で、シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部 事業部長の小林繁氏が開発背景を語った。

 シャープが2018年に行った調査によると、スマホを片手で使用する人は64%、服のポケットから取り出す人が49%いることが分かった。特に片手で使う人は、2013年の32%から大きく増加している。一方、スマホの平均幅は2013年の66mmから2018年は72mmにまで広がっており、片手で使いにくくなりつつある。

 シャープは片手でポケットからスマホを取り出して使う人を「片手ポケット族」と呼んでおり、こうしたユーザーが増えながらも多くのスマホが巨大化していることから、小型モデルを継続して開発している。

 なぜ片手でスマホを使う人が増えているのか? その理由について小林氏は「スマホがインフラ化し、社会基盤の一部になりつつあるから」と話す。「フリマでタイミングを逃さず買いたい、コンビニやタクシーですぐにスマホからお金を支払いたい、個人間送金をしたいなど、スマホは単なるエンタメツールではなく、社会生活をする上で重要な存在になっている」と同氏。いつでも、どこでも、思い立ったときに素早く使えるよう、スマホは「俊敏性、機動性が必要な商品」だと小林氏は言う。

 片手でスマホを使う場合、ポケットから取り出し、親指で操作する。そこで、「ポケットに入るコンパクトさと軽さ」「すぐに取り出せる俊敏性」「親指の自由度を追求したサイズ」を重視した。

 1つ目のコンパクトさと軽さは数字の通り。背面の素材をポリカーボネートと「アクリル樹脂」の組み合わせにすることも軽さに貢献している。AQUOS R compactの背面はポリカーボネートと「ガラス」の組み合わせだったこともあり、重さはR compactの約140gから約135gへと軽くなった。2つ目の俊敏性については、手にフィットして取り出しやすくなるよう、側面が山なりになるよう削っている。

 3つ目の親指の自由度を追求したサイズは、本体サイズと画面サイズの2つに分けて考えた。まず本体サイズ。しっかりと握り込められるよう、本体幅は65mm以下となる64mmに抑えた。日本人の中指の長さは平均すると約80mmなので、第1関節を曲げると64~65mmがベストのサイズになると判断した。画面サイズは、親指が端まで届くよう60mm以下になるようにした。これは、日本人の親指の長さが平均57~58mmほどであることから決めた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング