改めて考える、「コード決済」のメリットとデメリット

ITmedia Mobile / 2019年1月23日 6時0分

写真

コード決済サービスが拡大しつつある。写真は「LINE Pay」

 コード決済が話題を集めているが、どんなメリット、デメリットがあるのか。モバイル決済全体に通じる話から、コード決済ならではの特徴までをまとめる。

●メリット1:お財布が不要

 世の中には、現金やカード類を持ち歩きたくない人もいる。コード決済はスマホ一台で支払いを済ませたい人にとって魅力的だ。ほとんどのサービスがスマホアプリ内でクレジットカードや銀行口座を登録することで利用できる。アプリ内で店舗を検索できるサービスもあるので、紙の地図を持ち歩く必要もない。スマホ1台で「調べる」から「支払い」までの全てを済ませることが可能なので、カバンやポケットの中もスッキリする。

●メリット2:釣り銭も不要で衛生面でも良い

 コード決済の利用料金は、先述のように、アプリ内に登録したクレジットカードや口座に請求される。現金は不特定多数の人が触れるので、衛生的には良いとはいえない。コード決済なら基本的に自分のスマホで完結するので、ばい菌に触れるリスクを減らせる。また「お釣りが出ない」ということは、現金に触れる機会がそれだけ減るということでもある。

●メリット3:いくら使ったのかを把握できる

 コード決済を使うとアプリに利用履歴が残る。スマホ一つでその日の買い物にいくら使ったのかを簡単に把握できるので、帳簿を付けている人にとってもメリットだ。サービスによっては、ポイントの獲得や利用なども可能で、その履歴も確認できる。

●メリット4:スマホで割り勘も可能

 成人後、よくこんなシーンはないだろうか。仲間内で飲み会を終え、会計の時によくある場面「割り勘」だ。このときに、以下のような人に別れてしまい、うまく割り勘できない。

・クレジットカードのみを所有している、あるいは、クレカで支払いたい

・小銭を持っていない人

・久々に会ったが、次いつ会えるのか分からないのでお金を貸しにくい

 など、さまざまな条件の人がそろうと面倒なこともある。例えばLINE Payでは、LINEユーザー同士で割り勘や送金が可能だ。飲み会や食事会の時にアプリで送金することで、お金のやりとりが記録されるので、集金漏れやお釣りが足りなくなることもない。

 ちなみにLINE Payでは、友人同士であれば手数料無料で送金や受け取りができる。

●メリット5:ポイントの二重取りができる

 スマホコード決済のほとんどのサービスで、利用料金をクレジットカードで支払えるようになっている。多くのサービスで支払いと同時にポイントを獲得したり、支払いにポイントを使ったりできる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング