iOS 14ではホーム画面のアプリアイコンを変更可能に 実際に試してみた

ITmedia Mobile / 2020年10月30日 11時14分

写真

アイコン作成用のアプリも活用しよう

 iOS 14では、標準の「ショートカット」アプリの一機能を応用することで、ホーム画面上のアプリアイコンの見た目や名前を変えられることが話題になっている。以前からブラウザを経由することで似たようなカスタマイズを行えるアプリも存在したが、ショートカットアプリを活用する方法では、自作した画像などもアイコンとして利用しやすいなど、自由度の高さが魅力だ。

 作成したアイコンをタップした挙動としては、ショートカットアプリの起動を挟むため、本来のアプリが起動するまでにタイムラグが生じてしまう欠点もあるが、工夫次第でおしゃれなホーム画面へカスタマイズできる点は興味深い。本稿では、こうしたアプリアイコンの見た目を変更する手順について紹介していく。

 ホーム画面のアイコンの見た目を変える手順は、主に3つの手順に分かれる。

1. アイコンとして使う画像を用意しておく

2. ショートカットアプリでオリジナルのアイコンを設置する

3. 本来のアプリアイコンを「Appライブラリ」へ移動する

 以下、各工程について解説していく。

●アイコンとして使う画像を用意しておく

 iOS 14のショートカットアプリでは、アプリ内に用意されたアイコンだけでなく、自分で用意した画像もショートカットアイコンとして使えるようになった。この新機能を活用する場合には、あらかじめ画像を用意しておくと作業がスムーズだ。ネット上でアプリアイコンを検索してもいいし、自身で撮影した写真や、イラストやロゴのデータを作成してもいい。

 データ形式としては、JPEGやPNGで問題なく利用できた。サイズは180×180ピクセルあれば十分だ。もしIIllustratorなどのデザインツールを使って自作する場合には、参考にしてみてほしい。

 なお、こうした機能を見越した、アプリアイコンを作成するためのアプリを活用すれば、スマホでこだわりのロゴを整えることも可能だろう。

●ショートカットアプリでオリジナルのアイコンを設置する

 画像が用意できたら、ショートカットアプリを使ってオリジナルのアプリアイコンを作成し、画面に設置していく。手順自体はさほど難しいものではなく、以下の手順通り、特定のアプリを起動するショートカットを作成し、ホーム画面上にそのショートカットを起動するアイコンを設置するればよい。

 ここでは、筆者が原稿作成に活用することもある「文字数カウントメモ」というアプリを起動する「原稿執筆」というショートカットを作成し、ホーム画面にショートカットアイコン設置した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング