SIMフリーでも「みんなに5G」を シャープに聞く「AQUOS sense5G」開発の舞台裏

ITmedia Mobile / 2021年4月7日 6時5分

写真

3月にSIMロックフリーモデルも発売された、シャープの「AQUOS sense5G」

 2020年3月にスタートした5Gだが、サービス開始から1年たち、端末のミドルレンジ化が進んでいる。そんな中、歴代シリーズが大ヒットを飛ばしているAQUOS senseの最新モデルが、2月に登場した。「AQUOS sense5G」がそれだ。同モデルは、大手キャリアに採用されているだけでなく、3月にはシャープ自身がSIMロックフリーモデルを発売。MVNO各社の採用も進んでいる。

 AQUOS sense5Gは、これまでのsenseシリーズの特徴であるコストパフォーマンスの高さを受け継ぎながら、文字通り5Gに対応したモデルだ。ど真ん中のミドルレンジモデルだが、背面にトリプルカメラを搭載するなど、これまでのsenseシリーズの不満点を解消している。プロセッサにはSnapdragon 690 5Gをいち早く採用。パフォーマンスを見ても、Snapdragon 720を搭載したAQUOS sense4とそん色ない実力だ。

 一方で、SIMロックフリースマートフォンを見ると、5G対応モデルはまだまだ限定的。組み合わせて使う側のMVNOのネットワークも、5Gへの対応状況はまちまちだ。自社でネットワークを敷設するMNOほど5Gへのかじは切れていない。このタイミングでシャープがSIMロックフリーでAQUOS sense5Gを発売した理由はどこにあるのか。通信事業本部 パーソナル通信事業部長の小林繁氏と、通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部 課長の清水寛幸氏に話を聞いた。

●SIMフリーをやることで端末の完成度が上がる

―― AQUOS sense5Gですが、SIMフリー版も発売されました。まだ5G対応のSIMフリーモデルは市場にもそこまで出回っていないと思います。特にミドルレンジモデルは少ないと思いますが、その狙いを教えてください。

清水氏 確かに(5Gに対応した)MVNOの数はそこまで多くはなく、一部の事業者がオプションとして始めている状況です。ですが、キャリア版と同じようにSIMフリー版を世の中に届けたいというのが本音です。AQUOS sense5Gで、みんなに5Gを届けたいという思いがあるからです。立ち上がりつつあるオープン市場での5Gの普及に貢献したいというところから、スタートしています。

小林氏 弊社は国内で特にSIMフリーに力を入れているメーカーの1社と自負していますし、直近では、SIMフリーの需要も上がってきています。(今までの)2倍ぐらいはいけるんじゃないだろうかというところです。実際、MM総研のSIMフリー端末のシェアでも、いいところまで来ていて、2位と3位(シャープ)はほとんど差がありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング