1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

スマホの望遠カメラが新境地に 「Galaxy S21 Ultra 5G」「Xperia 1 III」に施した工夫

ITmedia Mobile / 2021年4月17日 6時5分

写真

Xperia 1 IIIには、70mmと105mmの可変式望遠カメラが搭載された

 Huaweiが2019年に投入し、日本ではNTTドコモから発売された「P30 Pro」を契機に、ハイエンドスマートフォンでの“望遠カメラ競争”が一気に進んだ。日本市場の主な端末に限ると、2020年にはサムスン電子がau向けに最大100倍ズームの「Galaxy S20 Ultra 5G」を投入。同年、OPPOもauを通じて、ハイブリッド10倍ズーム対応の「Find X2 Pro 5G」を投入している。Huawei自身も、SIMロックフリーでP30 Proの後継機にあたる「P40 Pro」を2020年に発売した。

 一方で、スマートフォンのコンパクトなボディーに高倍率のレンズを収めるには、どうしても画質に限界がある。デジカメとは違い、レンズを動かすことができないため、厳密言えばズームではなく、カメラそのものを切り替える必要もあり、メインカメラとの“間”をどう埋めていくのかも課題だった。日本で発売が決まった「Galaxy S21 Ultra 5G」と「Xperia 1 III」は、こうした問題をそれぞれのアプローチで解決しようと試みた端末だ。その比較をしながら、スマートフォンに搭載される望遠カメラの今を読み解いていきたい。

●Huaweiが火をつけた望遠カメラ競争だが、高倍率カメラには課題も

 「月も撮れる」をうたい文句にしたHuaweiのP30 Proは、その高倍率な望遠レンズが大きな話題を集めた。焦点距離125mm(約5倍)のレンズを搭載して、デジタルズームを掛け合わせると、10倍まで画質の劣化が少ない撮影ができるというのがその特徴だ。125mmの望遠を実現しようとすると、レンズの長さが必要になってくるが、スマートフォンとしての薄さはキープしなければならない。このトレードオフを解決するために採用されたのが、ペリスコープ(潜望鏡)型のレンズだった。

 高倍率な望遠カメラのインパクトは大きく、同じ中国に拠点を構えるOPPOも、「OPPO Reno 10x Zoom」で対抗。P30 Proと同様、こちらも日本市場に投入された。2020年には、HuaweiはP30 Proの後継機にあたるP40 ProをSIMロックフリーモデルとして投入。OPPOも、フラグシップモデルのFind X2 Pro 5Gをauから発売した。この“高倍率望遠競争”にサムスン電子も参入。OPPOと同様、auからGalaxy S20 Ultra 5Gが発売された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング